前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: piano (第3期)  

Westwind / Olivia Trummer Trio +1



Olivia Trummer (p)
Joel Locher (b)
Bodek Janke (ds, Perc)
Matthias Schriefl (tp, flh)
Recorded 2008

女性、ドイツ人、若手...ということで、イメージしていた、ありがちな欧州系
pianistの予想を見事裏切ってくれました。
ためらい無く打ち込んでくるフレーズは、小気味良く鋭い。音が生きている。
こういう生きた音を持ったpianoに出会うのも久しぶりだ。
何よりも、難しい顔をしながらウジウジと鍵盤を探っている様を感じないのがいい。
さしずめ、ちょっとスキを見せたら、途端、間髪入れず面に打ち込んでくるような
女剣士だ。できる!
美形女剣士ということで、ちょっとホメ過ぎてしまった。

前作「Nach Norden」も同様に鋭い太刀すじをみせてくれている。まっこと油断
ならぬ使い手。
希望を言わせてもらえば、どちらのアルバムもゲストが入っており、フロントに
管が入りバックに回った時の方が彼女の良い部分が出て、より魅力的になっている。
次回作では、この助太刀抜きのトリオのみで勝負した太刀すじをぜひみせてほしい。

第3期piano編一発目ということで、それだけ私の期待も大きいわけですが、美形で
pianoもキレる、若くて可能性の塊みたいなもんだ。こういうタイプは、邪念が入り、
以外と素直に伸びてくれないケースが多いものだが、願わくば大きく育って、再び
私の耳を喜ばせてくれることを祈るばかりだ。頼むよ!

Nach Norden


Live at the CD-release-concert of "Westwind" (April 2008)


JAZZ - piano 2 amazon quick link
Olivia Trummer

スポンサーサイト

Newer EntryAlice Coltrane / Transfiguration

Older Entrypiano 編プロローグ

Trackbacks

Olivia Trummer Trio / Nobody Knows 2010 Neu Klang Olivia Trummer (p) Bodek Janke (ds,perc) Antonio Miguel (b) Matthias Schriefl (tp, M-3,4,7,9) ドイツ出身の若き女性...

 

Comments

Edit
J works さん、こんばんわ。

コメントありがとうございます。
オリヴィアの新譜の記事を書くにあたり、ググっていましたら、
j worksさんの記事もヒットしてきましたよ。
直実にgoogle にインデックスされていきているようですね。

たぶん、j worksさんは今回の新作は気にいらないと
思いますよ。僕も第一印象は悪かったです。
一年前ならたぶん僕もだめだししていたと思う。
まあ、最近は守備範囲が広がってきているので、
こんなボーカルものも聞けるようになりましたけどね。

単純にピアノトリオとして聴くなら、ファーストとセカンドの
ほうがよいでしょうね。

ということで、アルバムは違いますが、同じオリヴィアの記事です
ので、TBさせていただきます。


Edit
J worksさん、今晩は。

この間は、コメントを有難うございました。

この盤は、聴いた時にとても印象に残りました。女性とは意識してませんでしたが、
なかなか聴かせてくれると思いました。
新譜ではヴォーカルまで披露していると聞いたので、いったいどんなヴォーカル
だろうと思っていましたけど。

最近は、何人か女性のベース弾きながら歌ったりしたのを聴いて、少しがっかり
したものもあったので。これはどうだろうと疑問でした。

私の好みはハスキーでヘヴィーで濃い系統が好きなので、crissさんのコメントで
多分がっかりするのではないかという予感がしてきました。

このテンプレート、シンプルで読みやすいですね。 Simple is best ですね。
とても素敵なブログだと思います。

EditRe: タイトルなし
まん丸クミさん コメントありがとうございます。

こちらは桜もほとんど葉桜という状態ですが、
昨晩は、雪が降り、今朝は冬のような朝でした。
春になりきれない変な気候です。

Olivia Trummerは、私好みのpianoで、新作では、trioでの
プレイに期待していたのですが、guest入、vocal入しかも
vocalは、可憐なさわやか系をイメージし今回はスルーしました。
ハスキー、ヘヴィー、ディープがお好みのクミさんにも、たぶん
お口に合わないかと思います。

vocalに関しては、私も経験浅く、これからという段階です。
vocalを聴くきっかけとなったのは、Diana Krallです。
カナダ出身ですから、きっとそちらでは大変大きな存在なんでしょうね。

差し支えなければ、リンクに入れさせてもらいます。
また宜しくお願いいたします。
EditThank you for add
J worksさん、こんにちは。

リンクのお仲間に加えて頂いてありがとございました。

早速こちらにもリンクいたしました、ジャズの輪がまた
広くなって嬉しい次第です。
これからも宜しくお願いいたします。
EditRe: Thank you for add
まん丸クミさん

リンクありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
カナダ発のHOTな情報を楽しみにしています。

Leave a comment







1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 09