前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: piano (第3期)  

Uncommunicado / Evgeny Borets

Evgeny Borets
  1.Ambient Heart
  2.Rusty Walts
  3.About a Deer
  4.Siberia
  5.Uncommunicado
  6.Cohiba Dreams
  7.No Pop
  8.Moondrums
  9.Liza

Evgeny Borets (p)
Sergey Khutas (b)
Sergey Ostroumov (ds, perc, noises)
SZ01794 (自主制作) 2007

モスクワをホームグラウンドとするピアニストEvgeny Boretsのトリオによる本作は、
オスロ、Rainbow Studioに乗り込んで録音したという自主制作による意欲溢れる一枚
なのだが..............。
内容は、Borets曲6、Khutas曲1、Ostroumov曲1、他1の全9曲。

普段、キレイ系ピアノは、どちらかというと避けて通る私ですが、初ものに目がない私
はめずらしいロシア人ピアニストということもあり、普段あまり聴けない感性を期待して
手を出してみました。

一通り聴いてみると、哀愁漂う美メロ系のナンバーが多くを占め、そのピアノタッチも
折り目正しく、あくまでエレガントにといった全体の印象である。
冒頭にいきなりキレイ系は避けたいというようなことを書いたが、それはこういった哀愁、
美メロといったものが嫌いというわけではなく、むしろその部分は好きでもあり、おいし
い部分とも思っている。問題は、そういったイメージがどういった過程を経て生まれてき
たのか、それによって哀愁、美メロの質も大きく変わってしまうのだ。そして過程での音
創りの姿勢が、最終的に音になった時、驚くほど正直に表れてくるのが音楽というもので
ある。だから音創りの姿勢こそが私にとって、そのミュージシャンを好きになれるか否か
の分かれ道といっても過言ではない。
このBoretsの音楽を聴いていると、過程でのことさらキレイに創ろう、仕上げようという
ような姿勢が見えてくるようで、私にはこれを素直にキレイなものとして受け入れられな
いのだ。その点で私の感性が自然に反発してしまうようだ。
もちろん感性の反発があるのは、Boretsのピアノもそれなりのレベルにあるからこその私
の反応であり、そういうレベルにないピアノの場合は、拒否反応が出て、それ以上聴くこ
とさえ困難になってしまう。
どんな優美な美曲のBalladであろうとも、創造の過程においては、激しく、熱く攻めるもの
が無いと真に人の心を動かす美など生まれるわけがない。そこから生まれてくる美しいメロ
ディーそして哀愁漂う美もあくまでその結果であろう。
もっとも、熱く激しく攻めの姿勢で臨んでも、結果を残せるのは限られた者のみという厳し
い世界だが、音創りの姿勢こそが全ての基本、ここがしっかりしてないと何も生まれない。
Boretsの一見美しい音楽。そこには、人の心を動かすほどの力強さを見出すことはできない。
さらに、付け加えるなら、先人の残した成果の中で動くばかりでなく、それを土台として
そこから飛び出す勇気、自分独自のものを創り出す強い意志の見えないプレイから可能性は
見えてこない。
アルバムタイトル曲ともなっているBoretsのオリジナル "Uncommunicado" 、どこかで聴
いたような哀愁演出のためのありがちなメロディーライン、安易だ。

音は正直、だからこそ夢中にもなれるのだろう。

最近の北方領土問題でのロシアの対応もあって、厳しいReviewになってしまったのかって?
そんなことはない!

JAZZ-piano 35
スポンサーサイト

Newer EntryKarolak-Szukalski-Bartkowski / Time Killers

Older EntryMatchbox Art Gallery-4

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08