前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: vocal  

The Auburn Collection / Erin McDougald

McDougald.jpg  Erin McDougald(voc)
  Pete Benson(p) Clark Sommers(b) Frank Parker, Jr(ds) / 1,2,4,5,10,11,13,14
  Tom Hope(p) Doug Hayes(b) Greg Sergo(ds, perc) / 3,6,7,8,9,12
  Pat Mallinger(ts) / 3,7,8,12

  Recorded March 2003 - May 2003 at Chicago
  BJ3322 (blujazz)

  01. Nice Weather for Ducks
                    02. September Song
                    03. I Love Paris
                    04. Forgetful
                    05. I Told Ya I Love Ya, Now Get Out / He was a Good Man as Good Men Go
                    06. It’s All Right with Me
                    07. Where Flamingos Fly
                    08. Sure as You’re Born
                    09. Close Enough for Love
                    10. Come Rain or Come Shine
                    11. Autumn in New York
                    12. I’m Beginning to See the Light
                    13. Once Upon Another Time
                    14. Fall Medley:
                      When October Goes / I’ll be Seeing You / Autumn Leaves


シカゴをホームグラウンドとして活動する米国女性歌手。
内容は、スタンダードを中心とした全14曲。
典型的アメリカン王道スタイルと言っていいvocalである。
本来、この路線は私の守備範囲ではないのだが、2〜3 気になる曲が入っており、一応手元に置いている歌姫である(いや、逆かもしれない)。

購入きっかけは、以前 Stan Getzのプレイで好きだった「Close Enough for Love」が入っていたこと。
至って単純な動機だが、当時は、国内扱い店がなく、米国から直にということになってしまいました。
狙い通り、この切々と唱うBalladは、私の愛聴曲となっています。

外見のイメージとは違い、なかなかパンチの効いたパワフルな唱いっぷりで、よく通る、ちょっと刺激的な声質は、好みの分かれるところでしょう。
T1「Nice Weather for Ducks」は、そんな彼女らしさが出たナンバー。
汚れ度極めて高し。Silky Voice好みの方には不向きかも。

JAZZ-vocal 12
Erin McDougald
スポンサーサイト

Newer EntryThe Dolphin / Stan Getz

Older EntryReal & Imagined / Kait Dunton

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10