前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Out of Sight / 大高清美

out of sight

大高 清美 (org)
Gary Willis (b)
Dave Weckl (ds)
Recorded on October 26/27, 2001 in California, USA SHCZ-0012 (Zizo)

日本人女性オルガニスト大高清美(B1966)が Tribal Tech のGary Willis と Chick Corea
Electric Band出身のDave Wecklという強力なバックを得て、挑んだテクニカル・フュー
ジョン作。

WillisとWecklの叩き出すタイトなリズムとグルーヴ感、さらにはその手数の多さに負けじと
テクニック全開で飛ばすorganには、ある種の爽快感すら感じる。
技術面では、元々定評のあった大高は、この強力な2人のバックのフロントに立っても、違
和感のないテクニックを披露している。日本有数のテクニックを持ったorgan奏者と言える
のではないだろうか。
話が、技術面ばかりになってしまったが、技術は、あくまで手段であって目的とするところ
ではない。結果としてできた音に、どれだけの魅力があるか、Jazz道楽者としては、そこが
一番問題なのである。

彼女のリーダーとしてのCDアルバムは、現在まで98年録音のデビュー盤から2004年録音の
盤まで5枚出ているのですが、私は、その内デビュー盤を除く4枚の購入歴があります。
彼女のorganからは、少女時代あるいはプロになる以前といったらいいのでしょうか、おそ
らくキース・エマーソンあたりをアイドルとしていたであろうことがかすかに感じられます。
このほぼ4年に渡る4作品を聴くと、その音楽に基本的な変化はなく、彼女がどういうものを
めざしていきたいのか、そしてどう変化していきたいのかはっきり見えててきません。
RockでもなくJazzでもなくというのであればそれも大いに結構、そこに新しい音を創り出す
という強い意志を見せてほしいのだが.........................。
誰もがorganにイメージするありがちなorganistがほとんどという日本のorgan Sceneにあっ
て貴重な感性と有数のテクニックを持つ、才能ある彼女には、その可能性をぜひ現実のもの
としてもらいたいと願って止まない。

そしてこのCD、大高清美というorganistにふさわしいジャケットなのだろうか?
他のアルバムも似たり寄ったりのジャケットだが、彼女のやっている音楽に少しでも理解が
あれば、こんなジャケットには、ならないと思うのだが........................。

Ambition.jpg Paragraph.jpg Frames.jpg
  Ambition(2000)       Paragraph(2002)      Frames(2004)


Live in Tokyo ASSURE 大高清美(org) 菅沼孝三(ds)


JAZZ-organ 43 amazon quick link
大高清美
スポンサーサイト

Newer EntryReal & Imagined / Kait Dunton

Older Entry"死春記" / 浅川マキ

 

Comments

Edit
J works さん、今晩は。

お久しぶりです、風邪の方はもう良くなりましたか。

このYou-tube しっかり8分28秒釘付けになりました。
こんなに Groovy な女性奏者がいたなんて、ご紹介嬉しいですね。

ジャケットの彼女と映像の彼女はとても容姿が違いますが、この映像は何時頃もものなのでしょうか。本当にジャケットがもう少し何か彼女が引き立つ要素があればいいですね。
EditRe: タイトルなし
まん丸さん こんばんわ。

風邪の方はとりあえず治まりましたが、完調という感じではないですね。

まん丸さんの方も旅のあとかたずけやら、いろいろと、たぶん普段の
ペースにはまだなっていないのでは?
あっちこっちのブログから、親子の道中の様子は何となくわかります。
それにしても相当ハードに動いていらっしゃったようで、風邪、雨にも
めげず、あらためてまん丸のタフさを痛感しているしだいであります。
スゴ~い!

大高清美さんは、一時期すごく期待していたのですが、年齢的に
だんだん厳しくなってきてるという印象です。
日本にも、才能あるミュージシャンはいっぱいいるのですが、
国外では、ほとんどが無名ということで、なかなかむずかしい
ものがあるようです。
動画は3~4年ぐらい前のLiveと推測します。

"Overseas", "Left Alone" は、かつて私もオリジナル源盤で持って
いました。いい時代でした。

今回の旅は、小丸さんが日本に関心を持つきっかけとなったようで
何よりだったですね。
まん丸-小丸の日本旅日記、楽しみにしてますよ!
Editはじめまして♪
はじめまして、私はエレクトーンを習っています。
今、清美さんの「Renoir」という曲を弾いてます。
それで、この曲名の意味がどうしても知りたいです(´;ω;`)!!

素敵なメロディー、いつも感動してます!!
私も清美さんを見習い頑張ります★★
EditRe: はじめまして♪
エレクトーン娘さん はじめまして

訪問ありがとうございます。

エレクトーンを習ってらっしゃるとのこと
しかも、大高清美さんがお好きなようで、
きっとハイテクニックもお持ちなのでしょう。
明るい未来がイメージできます。

さて、お尋ねの "Renoir" ですが、彼女の初リーダー
アルバムに入ってる曲ですね。
私も、本人から確認をとったわけでもないので
想像でしか言えませんが、「ルノワール」と読ませるので
おそらくフランスの画家をさしているものと思われます。
きっと清美さんもルノワールの絵が好きで、できた曲かと
想像してます。

私も清美さんのオルガンは、良く聴いていた時期がありました。
"9.p.m.cruise" (from CD "Ambition")という曲は中でも
大好きな1曲です。
もしまだ聴いてなかったらぜひ試してみてください。
beautifulな1曲です!
Edit
ありがとうございます★

大事な参考となりました(*≧∀≦*)

私は中学校最後のエレクトーンの大会なので、このRenoirで頑張ります(*´∇`*)


これからも応援しています!!!
EditRe: タイトルなし
エレクトーン娘さん コメントありがとう

> 私は中学校最後のエレクトーンの大会なので、このRenoirで頑張ります(*´∇`*)
思い切りやってください。
きっと、いい結果が出ると思います。
Edit
前回、清美さんのreroirという曲をエレクトーンの大会で弾かせていただきました。すごく最高でした!

そして今回も清美さんの曲が弾きたくて、22という曲を弾かせていただく事にしました!
私なりに考えたのですが、22という意味は清美さんのラッキーナンバーなのでは??と考えました!

どういう意味か教えてください^¥^
よろしくお願いします!
EditRe: タイトルなし
エレクトーン娘さん こんばんは

"Renoir" はうまくいったみたいでよかったですね!
"22" は" アルバム"Ambition"の中では、"9.p.m.cruise"
と並んで私も好きな曲で、当時、私もこの "22" という
数字の意味が気になりましたが、わかりませんでした。
これは清美さん本人しかわからないことですが、
これをラッキーナンバーと信じ、この曲で次の大会に臨めば
結果もきっとラッキーなものとなるのではないでしょうか。

"22" は、"Ambition" の中でも、4ビートで最もジャズっぽい
曲ですね。"Renoir" で自信もついたことだし、次回も結果を
考えることなく、思いっきり攻める気持ちでプレイしてくだ
さい。この気持ちが大事です。この曲は、そういう曲です。
そうすれば結果は自然とついてくると思いますよ。

うまくいったら、また知らせくださいね。

Editありがとうございます!!
やはり、22という意味は読み取るのは難しいですよね(o^-^o)
でも、ラッキーナンバーということとして、聞いてくださるお客さんにラッキーな事が起きるような演奏ができるように、沢山練習して頑張ります!

今回もありがとうございましたo(*⌒―⌒*)o
EditRe: ありがとうございます!!
大会当日のいいイメージが浮かびます。
Good Luck!

Leave a comment







1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
> < 06