前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

A Tribute to Wes Montgomery / Fabio Zeppetella



Fabio Zeppetella (g)
Emmanuel Bex (org)
Roberto Gatto (ds)
Recorded August 1998 at Stemma Studios - Rome W138.2(PHILOLOGY)
Zeppetella-2.jpg Zeppetella-3.jpg Zeppetella-4.jpg

Fabio Zeppetella(g)をリーダーとするアルバムでは、ありますがEmmanuel Bex(org)を
ターゲットとしての購入。
リーダーのZeppetella(B1961)とGatto(B1958)はイタリア出身、Bex(B1959)がフランス
出身の伊仏混合トリオということだが、あの辺は陸続きでもあり、こういった交流はごく
日常的なことということで、羨ましいところでもあります。
内容は、Wesのトリビュート盤ということで、Wes曲4の他、Wes縁の曲など全9曲。

アルバム名義人となるZeppetellaは、この盤で出会ったのが初めてのギタリスト。
この盤に限ったことなのかもしれないが、リバーブのかかったギターが印象的で、典型的
なコンテンポラリー系の感性と言えそうだ。ただ感性としては、あくまで米国系とは異質
の欧州特有のものを持っているようだ。テクニックもしっかりしたものを持っており、全
曲鮮やかに、そしてそつなくこなしているが、本盤を聴く限りにおいては、特別強い独自
性というものは、感じられず、特にギター界は、裾野が広く、時に無名でもとんでもない
強者がゴロゴロいるという世界、生半可な個性では、苦労するであろう。
技術面、センスともにいいものは感じられるギタリストだけに、今後の奮起に期待したい
ところです。
本作には、かつて私がWes曲でも非常に好きだった "4 on 6" が入っており、Wesのドライ
ヴ感に溢れたプレイと比べてしまうと、ちょっと物足りなく感じてしまいますが、全く違う
感性とスタイルの持ち主、これはこれ、あえて比べる必要もないでしょう。


さて、本盤購入のターゲットとなったBexですが、高い能力を持ったorganistとして私は評
価してるのですが、たぶんに一発屋的傾向があり、おもしろいアルバム、おもしろくないア
ルバムが、顕著に表れるという傾向があります。
本作の印象は、ちょっと微妙なところです。購入は今世紀に入り、まもない頃だったと思い
ますが、その最初の出会いの微妙な感じが後を引き、時々引っ張り出して聴いてはいました
が、のめり込めるようなものを感じず、Zeppetellaの足を引っ張ってしまっているとも思え
る印象を持ったものでした。
Bexのオルガンの音に、あたかも通常のキーボードを使ったようなチープ感とともに、Bex
のソロに入ると微妙に調子がズレるようなヘンな感覚があり、その辺が遠ざけていた原因で
しょうか。もちろんジャケット写真を見れば、ちゃんとhammondが写ってるし、よく聴け
ば別にズレた音を出しているわけでもなく、それなりのプレイはしてるし、左手のベースラ
インなどでは、Bexらしい粘りのあるラインも刻んでいるのですが、自分の感性が受取る感
覚では、微妙にBex本来のものではないのです。非常に個性的な独自の音とスタイルを持って
いるだけに、共演するプレイヤーとの相性というのもあるのでしょう。Bexは、相手に合わせ
るタイプではなく、あくまで自分のスタイルを通してしまうタイプなので、比較的素直、ノー
マルな感性のZeppetellaに対して違和感を感じる原因となっているのかもしれません。
長年のBexファンとしては、彼の最も高みに達した時を記憶しているだけに、やはり一発屋
Bexの一発にならなかった盤という位置づけになってしまうのでしょうか。でもビミョーな
ところです。

Emmanuel Bex に関しては、下記別頁もありますので、ご参考まで。
1.3 Bex
2.At Duc Des Lombards / Christian Escoude
3.Open Gate
4.Jazz(z)


Ven. 08. 05. 2009 il moro-Gatto, Bex, Zeppetella
Fabio Zeppetella(g) Emmanuel Bex(org) Roberto Gatto(ds)
guest: Daniele Scannapieco (ts)


JAZZ-organ 39 amazon quick link
Fzbio Zeppetella
スポンサーサイト

Newer EntryOriginal CD Jacket 4

Older EntryYun Kan12345 / Fredrik Ljungkvist

 

Comments

Leave a comment







1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
> < 06