FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: vocal  

My Ideal / Anna Callahan

My Ideal-1 My Ideal-2

Anna Callahan (voc, tp)
Karen Hammack (p)
Richard Shaw (b)
Jamey Tate (ds)
Barry Zweig (g)
Recorded 2002 (Angharad)

1.My Ideal
2.I've Never Been in Love Before
3.I Knew
4.Say It Isn't So
5.When Snow Falls
6.The Moon Looks Down and Laughs
7.O Woe Is Me
8.Triste
9.So Long Ago
10.My Romance
11.Adieu

Anna Callahanは、女性では非常に珍しいヴォーカリスト兼トランペッター、そして彼女の
HPによると現在は、エンジニアとしての職がメインとなっているらしい。多才な人である。

この盤と出会ったのは6~7年前だったろうか。
ヴォーカルの場合は、インストもの以上に最初の出会いの印象がキメ手になる場合が多い。
そして以外とそのポイントとなるのが唱い手のクセであったりということが多々ある。
このCallahan嬢の場合も、その声質とともに、その声質に実にマッチした舌足らず感が
たまに顔を出し、それがこの唱い手の大きな武器でもあり魅力ともなっている。
最も本人は、それを意識してやってるわけでもなく、持って生まれた才能ということで
これはもう天に感謝しなければいかんだろう。
ヴォーカルとトランペットということで、すぐChet Bakerを思い浮かべるが、他作も含め
彼女のとりあげている曲を見ると、Chet縁の曲も多く、彼女もChetをアイドルとしていた
であろうこともうかがえる。
唄は、うまいというよりなかなかの高レベルだ、ヴォーカルがメインと考えればトランペット
の力量も十分だろう。バラード良し、ミディアム良し、まさに捨て曲なしの本盤である。
エンジニアとしての仕事で忙しいようだが、新しいアルバムもぜひ聴いてみたいと思わせる
ヴォーカリストだ。新作の方も頼むよ!

JAZZ-vocal 11 amazon quick link
Anna Callahan

スポンサーサイト




Newer EntryYun Kan12345 / Fredrik Ljungkvist

Older Entry"I Got a Mind to Give Up Living" / The Paul Butterfield Blues Band

 

Comments

Leave a comment







1
2
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 12