前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

At Duc Des Lombards / Christian Escoude



Christian Escoude(g)
Emmanuel Bex(org)
Bruno Ziarelli(ds)
Recorded Live at Duc des Lombards, Paris, April 23, 24 & 25, 1996.

Christian Escoude(g)のアルバムのサイドメンとしてBexが入った1枚から1曲紹介
しましょう。
EscoudeのGuitarとBexのOrganとはその音楽的方向性に若干のズレがあるようで
アルバム全体に、そんな空気を感じます。BexのOrganには、もうちょっと先進性あるモダン
な匂いのするGuitarに適性を感じます。
そんなアルバムではありますが、どうしても捨て置けない1曲がありますので、あえて
取り上げてみました。T1「Goin' Down Broadway」におけるBexのソロは、圧巻です。
あえて歪ませたトーンでキレるOrganには、思わずニヤリとしてしまいます。まさに
一発屋Bexの面目躍如といったところでしょうか。
しかしながら、このアルバムには、ゆるいボサノバナンバーなども同居しており、
「違うだろう!」のツッコミを入れたくなるような部分もあります。
アルバム全体の、そしてグループとしてのコンセプトに疑問も感じる内容でもあります。
リーダーであるEscoudeの問題でしょうか。

JAZZ-organ 9 amazon quick link
Christian Escoude / At Duc Des Lombards
Emmanuel Bex
スポンサーサイト

Newer EntryThe Sheryl Bailey Trio / Bull's Eye

Older EntryKeynote Speakers / Bill Stewart

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08