前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: guitar (第2期)  

Claude Barthelemy / Roxinelle

 Roxinelle-2.jpg

Claude Barthelemy (g, oud) Antonin Rayon (org) Philippe Cleizes (ds) Sylvaine Helary (fl, alto fl)

Recorded December 2015
Maxiphone (2016)

1. La Pensee
2. Spring Beat
3. Spring Break
4. Eric Watson
5. Merle Adore
6. Princess Luce
7. Alexandria
8. La Nomenklatura
9. Flamentokyo

私的重要作ながら、迂闊にもそのリリースを見落としてしまい、最近になってやっと気づき、あわててゲットしたという一作。
フランスの強変態性ギタリスト Claude Bartheremy(B1956) にオルガニストでは、数少ない貴重なフリー系の使い手 Antonin Rayon(B1976)
参加のトリオを中心に曲によりゲストにフルートが入るという作だが、何もなく平穏に終わるわけがないというメンバーだけに、テンションもMAX。
この Claude Bartheremy などは、以前からオルガンの絡んだ作 (過去、一度だけEmmanuel Bexとの共演作 “3”がある) の出現を頭の中では、
期待し、待ち望んでもいたのだが、こういった特殊、先端の感性に対応できるオルガニストも少なく、また本人の音楽的方向性もあり、なかなか実現する
こともなかったのだが、フリー系との絡みも多い Antonin Rayon 参加のギター・オルガントリオ作がまさかのリリース済みだったとは、やっちまった!
チェックはマメにしていたつもりだったが、既に1年以上も過ぎていたとは、焼きが回ったようだ。

さて中身の方だが、やはり個性派らしいものとなっており、プロローグやエピローグそしてその間にと、中東やらオリエンタルなイメージも想起されるよう
なoudを使ったと思われる短い曲が仕込んであり、本題と思われる、これまたバラエティに富んだ数曲が配置されたつくりとなっている。
その冒頭のoudの調べの次のM2はギンギンのロックで Barthelemy らしく、ヒートするとアブない人と化す性癖もちらつかせながらのプレイは、
さすがにこれで全て攻められたらJazzファンにはキツイだろうというアウトした曲で、最初にこういうのを咬ましてくる手口も何とも彼らしい。
他曲も個性派らしい展開を見せており
M4 ミディアムハイの4ビート曲、orgをバックにgの変態フレーズも顔を出す。
M5 スローなgテーマからスタート、orgソロも入り、次第に3者入り乱れてヒートしていくカオス。
M6 dsソロからスタート、途中、爆発音らしき音が単発的に入り、ワンコードで刻むorgのベースラインが加わっていきながらのリズムがカッコいい。
M8 若干のハードボイルド感もあるミディアムの4ビート曲、ストレートな展開だが、平凡にしない個性派らしさ。
ざっと、こんな感じの曲が並ぶが、全編に渡り感ずるのは、やはり他の誰でもない彼でしかないギターであり音楽となっていること。やはりオリジナリティ
という部分は大事にしたい、プロとして不可欠の条件だ。彼の持ち味でもあるスピード感ある変態プレイも健在。
そんな Bartheremy だが、大学では数学専攻、その後にフランス国営オーケストラ ONJ の音楽監督も務めるというキャリアとアブノーマルなものも
漂わせるギタリストとしての顔とのギャップに変質性らしきものもイメージさせられ、何とも彼らしいとも思えるのだ。
ちなみに、その ONJ の歴代監督では、最も評判も高く、最近また復帰したとのうわさも聞いている。若い頃のトンガリ感も、やや丸くなった印象もあるが、
なかなかの才人である。

オルガニストとしての Antonin Rayon を初めて知ったのは、このブログを始める以前の参加作 (ピアニストとしては、その後のいくつかの Marc
Ducret作
への参加で出会う) だったが、貴重な才能の持ち主ながら、未だにリーダー作を出していないというのが不思議でもあり、残念でならない。
やはり、自分の色を全面に出したリーダー作を、ぜひとも聴いてみたいオルガニストだ。米国コンテンポラリー系のスタンダードな存在 Goldings,
Yahel, Versace..........などとは、異質の感性でもあり、その立ち位置としても、先端寄りで、フリーもいけるというトンガリ感もある感性は、オルガニスト
としては貴重な存在でもあり、さらに自身の感性の開拓を進めるためにも、欧州に限ることなく、米国系の先端の感性と、どんどん絡んでほしい才能でもある。
この機会に過去参加作もあらためてチェックしてみたい。

            
            Claude Barthelemy (g, oud) Antonin Rayon (org) Philippe Cleizes (ds)

JAZZ-guitar 189
Claude Barthelemy
スポンサーサイト

Newer EntryTobias Meinhart / Silent Dreamer

Older EntryJeff Parker Trio / Bright Light in Winter

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。