前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: piano (第3期)  

Dan Kaufman / Familiar Places

  Dan Kaufman (p, B3 organ)
  Johnathan Blake (ds)
  Matt Clohesy (b)
  Gilad Hekselman (g)
  Sam Sadigursky (sax)
  Keita Ogawa (perc)

  Recorded January 2014 in Brooklyn, NY
  RPR 14599-4418-2 (RedPianoRecords)

  1. Windshadow
                       2. Kuumba
                       3. Cross Check
                       4. Danse Song
                       5. Falling Petals
                       6. Familiar Places
                       7. Dew Eye
                       8. Farmington      All Compositions by Dan Kaufman

リーダーのピアノとオルガンを担当している Dan Kaufman については、初めてで、素性などわからないながら、dsにJohnathan Blake、そしてギター
にGilad Hekselman などのクレジットもあり、手を出してみた1枚。Sam Sadigursky は、Gene Segal のアルバムにも参加していた。
Dan Kaufman について軽く調べてみたら、TZADIKレーベルなどでユダヤ系バンド “BAREZ” を率いて、ギタリストとしての活動もしているらしい。
ということは、Hekselman などは、ユダヤコネクョンといったこともあっての参加となったのか?
そんなことで、リーダーの Kaufman は、ギタリストとしての顔も持っているいることは、わかったのだが、本作で担当しているピアノ、オルガンなど、
いったい何を本業としているのか、得体のしれない人物ですが、まあ、肝心なのは音楽、早速聴いてみよう。

Kaufman の率いる前述のバンドでは、ロックテイストもありのバンドらしいという情報もあったので、本作もそういった要素も含んだちょっとラフなテイ
ストの音楽もイメージしていたのだが、聴いてみれば、イメージしていたものとは、だいぶ違い、繊細感もあるコンテンポラリーテイストの至極真っ当な
音楽をやっている。
その真っ当な音楽で、ちょっとテンションが落ちたというのもヘンな話だが、若手中心でオルガンなども使っているとなれば、ちょっとラフなテイストも
あり、イキのいい野心もある音楽といったものも期待していたのだが、その点では、ちょっと残念。
とは言え、音楽は、地味な印象は、あるものの、まずまずの出来だ。
Kaufman のピアノは、デリケートなタッチも印象的で技量面を含め片手間感は無く、やはりこれが本業といった質の高さも感じる。ただ特別に印象に
残るようなストロングポイントが無く、後でどんなビアノだったかと考えた時に、イメージしにくい、そんな個性面の物足りなさは、多少残る。
気になっていたオルガンは、2曲で効果音的に使うのみということで、ちょっと残念。

Gilad Hekselman については、リーダーの音楽の質感に合わせてということもあるのかもしれないが、まずまずの出来という印象ではあるものの、これ
までの米国でメジャーデビューしてから10年程というキャリアを考えると、もうちょっといけるんじゃないかというような感覚も残る。
同じイスラエル出身のギタリストでは、方向性の違うOz Noyなどは、別にして正統派としては、Rotem Sivan や最近、コンポラ寄りにシフトしてきた、
Yotam Silberstein などの中でも、若手コンポラ系ギタリストとして、最も早くから注目されてきた存在だったはずなのだが...............
巧さは感じるのだが、それがそのまま音楽の魅力につながっていないような感覚があり、それがどこかコギレイにソツなくといった負のイメージにつな
がってしまうようなところも感じている。M3やM8などオルガンを使用して、ちょっとラフなタッチも欲しい曲では、エフェクトの効果も加え、ワイルド
に攻める姿勢は見せるのだが、どこかハメを外しきれない、優等生といった印象も残る。
キャリアを考えれば、そろそろ次のステップの形も見せてほしい Hekselman 、好結果を期待したい。

JAZZ-piano 89
Dan Kaufman
スポンサーサイト

Newer EntryMy Reverie (from “Tenor Madness”) / Sonny Rollins

Older EntryArchie Shepp / Ballads for Trane

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 07