前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

Jacopo Ferrazza / Rebirth

  Jacopo Ferrazza (b)
  Stefano Carbonelli (g)
  Valerlo Vantaggio (ds)

  Recorded and mixed in Cavalicco (UD) on 4,5,6 April 2016 at Artesuono Recording Studio
  CAMJ3318-2 (CamJazz) 2017

  1. Indigo Generation
  2. Blind Painter
  3. Living The Bridge
  4. After Wien
                       5. Notturno
                       6. Pirandello Madness
                       7. Lovers in the Gravity
                       8. Il Teatro Del Rami
                       9. Rebirth        
                       All music composed by Jacopo Ferrazza except track 6(by Stefano Carbonelli)

イタリア出身の若手ベーシスト Jacopo Ferrazza(B1989)のリーダー作だが、2016年デビュー作”Ravens Like Desks”で記事歴のある同じイタリア
の物理学の博士号を持つという異色のギタリスト Stefano Carbonelli(B1991)の参加もあり、その後の彼の状況も知りたく手を出してみた。
ということでカテゴリー “guitar” の記事としておきます。

そのデビュー作では、それほど強く感じなかったクラシックのテイスト(感性面というよりも技術面で)が、Carbonelli のギターからは感じられる。
基礎としてクラシックギターをみっちりやってきた過去も伺え、私的にJazzを不味くする要素としてクラシックやフォーク、カントリーの匂いを好み外と
している当方には負の要素にもなるのだが、年令的には録音時で25才という若さ、この辺は、今後のいろいろな出会いや活動を通して変化していくのだろう。
このぐらいの年令のギタリストには、こちらも完成度などは求めていない。基本に魅力ある感性を持っていることは、もちろんだが、要は強い前進意欲と
その先に可能性がどれだけ感じられるかといったあたり。
デビュー作では、この世界では少数派のFender ストラトを使って多少のラフさも気にしないのびのびしたプレイもしていたが、本作では、曲によりアコギ
も使い、アルペジオもあったりのしっとりした場面もあったりと、音楽のテイストは、イメージしていたものとは、だいぶ違うものになっているのだが、
このあたりは、本人の意志というよりは、参加作でもあり、リーダーの音楽に合わせたということなのかもしれない。
そんな感じで、音楽としては、自分がJazzに求めるテイストとは、ちょっと違った世界観もあるもので、いまいちテンションも上がらないのだが、フラット
な目で見るならば、めまぐるしい流れの変化の中で、リーダーの Ferrazza のベースそして Vantaggio のドラムスの多彩なワザも飛び出し、なかなか
高品質の音楽となっているのではないだろうか。
が、道楽でつき合ってる自分としては、己の好みこそがすべての判断基準になってしまうのは、いたしかたない。
やはり、参加作ではなく、自身作のその音楽の中であらためて聴いてみたいギタリストと感じた。本作は参考作と考えておくことにしよう。

ラストのタイトル曲 M9”Rebirth” のエンディングでは、クレジットにないピアノも入るが、音大ではベースとともにピアノも専攻していたというリーダー
Ferrazza がやっているのか?

JAZZ-guitar 181
Jacopo Ferrazza
スポンサーサイト

Newer Entry201706-1

Older Entry201705-4

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10