前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

Luigi Masciari / The G-Session

  Luigi Masciari (g)
  Aaron Parks (Rhodes, p)
  Roberto Giaquinto (ds)
  Oona Rea (voice-6)

  Recorded 7/12/2015 at Studio G-Brooklyn U.S.A.
  TSK018 (TOSKY) 2016

  1. Mr. Jay
  2. Vox
  3. Seven Dollars
  4. Music Man
                      5. Boogie Blue
                      6. Echoes
                      7. Don’t Touch My Chords

プロ10年程のキャリアのあるイタリアのギタリスト Luigi Masciari は、これまで機会に恵まれず、聴いたことはなかったのだが、彼の最新盤にて、
Aaron Parks が、珍しくFender Rhodesで参加との情報もあり、そのあたりのチェックも兼ねて、ちょうど良い機会、手を出してみた。
本作情報は、だいぶ前から得ていたのだが、CDでの早期入手はしずらいという状況もあり、DL買いで試してみた。

内容は、メンバーとの共作1曲(M6)を除いて、全てMasciariのオリジナル、そのvoiceの絡む共作曲を除いて、基本はトリオによる非4ビート主体の
コンテンポラリーテイストのものとなっている。

NYコンテンポラリーシーンの多くのトップレベルのギタリストとの共演もこなしてきている Aaron Parks を迎えての作ということで、それなりの
期待もあったのだが、一聴してみれば、内容的には、可もなし不可もなしといったちょっと微妙な初期印象。
こういったものだと良くも悪くもなく、ひっかかるところが無いので、そのまま通り過ぎていってしまうような内容には、それが素直な感想であり、
書く材料が見つからないということで、記事として取り上げるのは、避けることも多いのだが、先に基本データなど、書き込んでしまっていたこと
もあり、まあ、このまま一応書きとめておきます。

そんな初期印象だったのも、やはりちょっとは、期待もしていた Masciari のギターにあるのか? 決してヘタでマズいギターではない。かといって
特別にハイテクタイプでもなく、速いフレーズなどでは、ほんとに微妙なところだが、ひっかかりを感じるところもあり、スッキリとさせてくれない
など、ハイテクぞろいの今の時代にあって、技術面では、極平均レベルとの印象。そこは、あくまで技術面なのでそれでもいい。肝心なのは、感性面
だが、ここでも、自分の好みに合わず、特に嫌うといったところも無いのだが、結局そのあたりの、はっきりしないところが、前述の「可もなし不可
もなし」といった印象につながったようだ。ちょっとでもいいので、ハッとするような際立った部分でもあれば、だいぶ印象も変わるのだが...........。
エフェクト多用、浮遊感ある表現..........など、感性としては、典型的コンテンポラリー系と言えるタイプで、曲とともにフレージングなど、受け手の
感性によっては、逆に受け取ることもあるだろうといった極微妙なところだが、私的には、わずかに平凡な感じもあり、どこか既聴感あるフレーズが
続くところが、このギタリストのイメージを決めてしまったようだ。

ベースレス編成で、そこを Rhodes やバスドラでカバーするといった考えもあったと思うが、重低音でラインも刻むオルガンなどと違って、ボトム
の軽さもあるなど、その辺、サウンド面での物足りなさに、十分機能してないとの印象も...........

Rhodesを使う Parks にも関心はあったのだが、何だか普通の人になってしまっている。これも、いまいちテンションの上がらない原因だ。
好意的に解釈すれば、自身の際立った部分を引き出すのも、相手しだいという部分も多分にあるというのがこの世界、良い化学反応に向かうため
の触媒が機能しなかったということなのかもしれない。

自分の感性の反応に素直に従えば、やっぱり「可もなし不可もなし」、全てが微妙とか、わずかにといった曖昧なことばになってしまい、突出したと
ころが見つけ出せない。良くも悪くもないということで、その曖昧さにやはり星3つか。

Jazz-guitar 178
Luigi Masciari
スポンサーサイト

Newer Entry201703-1

Older EntryViolets for Your Furs (from “Coltrane”) / John Coltrane

 

Comments

Leave a comment







1
3
4
5
7
8
9
11
12
14
17
19
20
21
22
24
26
27
28
29
30
31
> < 03