前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: oldies  

I’ve Grown Accustomed to Your Face (from “Rollins Plays for Bird”) / Sonny Rollins

  Sonny Rollins (ts)
  Kenny Dorham (tp)
  Wade Legge (p)
  George Morrow (b)
  Max Roach (ds)

  Recorded at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, October 5, 1956
  (OJCCD2142)

  1. Medley - I Remember You / My Melanchory Baby / Old Folks /
    They Can’t Take That Away from Me / Just Friend / My Little Suede Shoes / Star Eyes
                     2. Kids Know
                     3. I’ve Grown Accustomed to Your Face

本作は、ロック → ブルースを経て、Jazzに足を踏み入れた当時、それまで馴染みもあったギターやらオルガンを中心に漁った時期を経て、あの
「Saxophone Colossus」に出会った頃と同時期、ちょっと後の出会いとなるが、当然LPの時代だった。「Saxophone Colossus」には、私的に
Tenor Ballad史に残る名演 「You Don’t Know What Love Is」 が、入っていたのだが、本作にも心惹かれたBallad 「I’ve Grown Accustomed
to Your Face」 があり、これらは、Rollins のBalladとして、当時よく聴いていたもの。同時期のBalladとして、やはり、その組み立て方他、共通する部分
も多々感じられ、上り坂のいい時期にあった Rollinsの Balladではあっても、甘くならない豪放な、らしさがよく出た一曲となっている。

現在、Jazzに関しては、今の時代と密接につながるコンテンポラリー系を中心に関心が向いており、今後、自分の関心の向く先がどう変化していくのか予測
しがたいところもあるのだが、そんな中にあってもこの 「Tenor Ballads」 の分野に関しては、新旧を問わず反応するという、やはりそういう意味でも自分に
とっては、特別なカテゴリーということになるのかもしれない。

            

JAZZ-oldies 18
Sonny Rollins
スポンサーサイト

Newer EntryAlessio Menconi Trio / Plays Ellington and Strayhorn

Older EntryDavid Fettmann / Ruby Project

 

Comments

Leave a comment







1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 09