前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by 10 2015

Category: sax (第2期)  

Joe Manis / The Golden Mean

  Joe Manis (ts, bcl)
  George Colligan (Hammond B3 organ, Fender rhodes)
  Lillie Manis (viola)
  Kevin Congleton (ds)

  Recorded September, 2014
  SCCD 33120 (SteepleChase) 2015

  1. Threee four for Three
  2. Black Hole Sun
  3. Shorter Story
                     4. Broadway
                     5. Paw-Paw
                     6. Goldfinger
                     7. It Don’t Mean a Thing
                     8. Ellery’s Song Flute

2009年にアルバム"Evidence"でデビュー以来、リーダー3作目となる本作は、前SteepleChase作 “North by Northwest(2013)” のメンバーに
Lillie Manis (viola) が加わっており、私的には George Colligan のオルガンでの参加も魅力となっている。

前作では、Coltraneを通過してきたテナー奏者といった程度の印象だったその2年前と比べると、プレイにも自信とともに力強さも感じられ、音楽も
全体の印象として、小細工なしの全球直球勝負、ハードに押すストレートなJazzといった一枚に仕上がっている。
ほとんどオルガンで勝負している Colligan も、元々こういった展開は得意でもあり、左手のベースラインが生み出す強烈なドライヴ感をベースに
ゴリゴリと攻めるハードプレイは、Colliganらしさがよく出ている。

そんな中で、M6”Goldfinger” に他曲との違和感が、また曲の中でもテーマ部に対してアドリヴパートのハードブロウに違和感が残る。
007シリーズでも大ヒットして世界的にもポピュラーとなっているこういった曲は、リスナーそれぞれが自分の中に固まったイメージを持ってしまっており、
演る方としては、それだけにハードルが高くなってしまい、多くのリスナーを納得させるのも至難の技になってしまう。
この1曲が入ったことにより、アルバム全体の印象が変わってしまったのは残念だ。もちろん、当然のことながら、逆にこれがいいと感じる人もいるのだろうが、
様々な受け取りがあるというのが正常な姿ではあるが...........。

まあ、私的には、そんなちょっとしたつまずきもあった本作だが、トータルに見れば現代の正統派テナー奏者として魅力ある存在になってきたJoe Manisに
満足できる一枚だった。
そんな Manis の力量を考えれば、知名度がもう少しUPしてもいいんじゃないかとも思うのだが、その辺は、彼がオレゴンを拠点とした活動をしているといった
ことも大きく関係しているように思う。先を行くミュージシャンとの出会い、そして他流試合により、自身から引き出されたものから何かが変わってゆくといった
ことも、特に期待できる時期だけに、そのタイミングを逃してほしくないとも思うのだが、まあ、家庭の事情やら何やら、いろいろとしがらみもあるのでしょう。

Jazz-sax 71
Joe Manis

スポンサーサイト
Category: Gallery > Photo  

201510-7

         

Gallery-photo-147

Category: Gallery > Photo  

201510-6

           

Gallery-photo-146

Category: guitar (第2期)  

Dewa Budjana / Joged Kahyangan

  Dewa Budjana (g)
  Larry Goldings (org, p)
  Bob Mintzer (ts, ss, bcl)
  Jimmy Jonson (b)
  Peter Erskine (ds)
  Janis Siegel (voc - 4)

  Recorded in Pasadena, Los Angeles, CA, by Rich Breen at Firehouse Studio, July 2012.
  MJR059 (MOONJUNE) 2013

  1. Cloud of Foggy
                     2. Joged Kahyangan
                     3. Dang Hyang
                     4. As You Leave My Nest
                     5. Majik Blue
                     6. Erskoman
                     7. Guru Mandala
                     8. Borra’s Ballad

インドネシアのギタリスト Dewa Budjana(デワ・ブジャナ)の2013年作。
ロックににどっぷり浸かっていたこと、あるいはインドネシアという出自から、ある種のプリミティブ、土着性もあるアクの強さみたいなものも期待していたが、
音楽は、意外とアッサリ、スッキリ、見通しの良さもある爽やかなテイストさえ感じられるようなものになっている。
感性の質は全く違うが、楽曲のメロディーラインなどを追っていると、どこかNguyen Leに通じるエスニックテイストも感じられ、持って生まれた血の部分と
いうのは、やはりミュージシャンの感性の質に大きく関わるところだが、後天的に得た個性とは違い、それをそのまま個性とは考えないようにしている。

Budjanaのギターは、エフェクトの使い方やら曲によりアコギの使用、またメンバーも楽器の使い分けやら曲によりヴォーカルを入れてきたりと、手を変え
品を替えとしてはいるのだが、それは多彩を狙ったというよりは、逆にある方向性を持たせるために、結果そうなったといった印象もある。
また、このタイプのギタリストにありがちな弾きまくってしまうこともなく、トータルなサウンドを大事にといった姿勢とともに、ガンガン強い個性をぶつけて
くるタイプでもないだけに、ややインパクトに欠けるといった印象もつきまとうのだが、ギタリストとしての必要となる要素は、全て平均値もクリヤーしており、
あとは、どこか一点でも突出した部分でもあればという気もするが、個性につながるそここそが結局、正否を分ける最難関とも言える部分なのかもしれない。
新作もリリースされたようだし、また、同じインドネシアのギタリスト Tohpati(トーパティ)などとともに、旧作を含め国内盤として最近盛んに売り込み活動も
しているようだし、ここはインドネシアのギタリストのお手並み拝見ということで、様子を見ることにしよう。

さて、以前と比べ、リーダー作リリースのペースもぐっと落ちてる感もあり、ちょっと気にもなってた Larry Goldings(B1968) ですが、ピアノ、オルガンと
そのデリケートなタッチから繰り出されるフレージングには、彼特有の美も感じられ、そのセンスには相変わらずのものがある。
年齢的には、まだまだ一仕事、二仕事できる歳でもあり、自身の特にオルガニストとしてのリーダー作で新境地でもぜひ見せてもらいたいものだ。それには、
BernsteinやScofieldばかりでなく、これまでとは違った感性の共演者にしてみるということも、自身から何か違ったsomethingを引き出すという点では
必要なことだ。変化を恐れることなく、そして変化を求める気持ちを無くしてしまったら、アーティストとしての歩みはストップしてしまう、期待したい。

Jazz-guitar 151
Dewa Budjana
Tohpati

Category: Gallery > Photo  

201510-5

                    

Gallery-photo-145

Category: Gallery > Photo  

201510-4

               
                                                実葛(サネカズラ)

Gallery-photo-144

Category: organ (第2期)  

Ben Paterson / For Once In My Life

  Ben Paterson (Organ)
  Peter Bernstein (Guitar)
  George Fludas (Drums)

  Recorded, mixed & mastered by Chris Sulit at Trading 8's Studios,Paramus NJ,
  January 6th and 7th, 2015
  ORIGIN 82700 (ORIGIN RECORDS) 2015

  1. Cubano Chant
  2. I'll Close My Eyes
                     3. 50 Ways To Leave Your Lover
                     4. Cry Me A River
                     5. For Once In My Life
                     6. Decision
                     7. Nutville
                     8. Blues For C.F.
                     9. Near Miss
                     10. We'll Be Together Again
                     11. I've Never Been In Love Before

シカゴを拠点として活動してきたピアニスト Ben Paterson のオルガンによる初リーダー作。
王道系のピアノをスタイルとしてきた Paterson なので、楽器がオルガンに代わっても、基本的な感性は変わるわけでもないだろうし、まして相手が
Peter Bernsteinということであれば、音楽も王道ど真ん中のオルガン-ギタートリオも予想されるのだが、まあ、たまにはそんなストレート、ブルージー
な世界にどっぷり浸かってみるのもよいでしょう。

そんなことで、知らないオルガンは、とりあえず聴くという流れになっていることもあり、あまり期待もなく聴いてみたらビックリ、歌心よし、ノリよし、
ツボにくるフレージング、音よし、小気味良いメリハリ感、.......................やたら巧い!
スタイルは、前世紀を思わせる王道のオルガントリオ、偉大な先人のおいしい、もはやアドリブというより定型化しているようなキメのフレーズの連発、
おいしいところを、あっちこっちから寄せ集めた、もはや完コピの世界なのだが、これだけ見事にやられると、なんだか気持ち良いものもある。
独自性という点では、評価しずらいものもあり、面と向かって音と対峙してという聴き方には向かないが、ながらでサラっと聴いていると、Patersonも
そこを狙ったわけでもないと思うが、非常に気持ち良いものがある。
この種のパターンのものだと通常、聴いているのも苦痛を感じるというものも多いのだが、そんな、音が気持よく入ってくるのも、先人の音の単なるコピー
ということではなく、自分の歌として消化し、ひとえにそこに豊かな歌心があるからなのだろう、それを支える技術もある。

ただ、本作は、彼のオルガンによる初リーダー作ということで、そういったある意味、変わった形の発見もでき、一応の納得はできたのだが、これが同じよう
に続けば、徐々に客も減るだろうし(もしかしたらその方が一般にウケが良いという見方もできるが)、客は毎回、新しい発見を期待するものだ。独自のものを
創り出していくという部分が無いと未来は拓けてこない。
伝統のエキスもしっかり蓄えた彼のオルガン、私的には、時代のエキスも取り入れて,変化していく様もぜひ見てみたい。それが生きるということでもあり、
それがないと衰退あるのみだ。今回はオルガンでの初リーダー作ということで、これでもよかったが、同じようなパターンが続けば、再び手を出すこともない
だろう。未来に向かって、その可能性を切り拓いていく姿勢がイメージできないというのはまずい。そここそがアーティストのシゴトなのだから。

Patersnばかりになってしまったが、”ど”がつくほどの王道オルガントリオの中で、Bernsteinのギターも、水を得た魚状態になって、すっかり馴染んで
ます。デビュー当時、特に似ていたとも思わないが、なぜか白いGrant Greenなどと呼ばれていた時代を思い出す。

             

JAZZ-organ 176
Ben Paterson

Category: Gallery > Photo  

201510-3

               

Gallery-photo-143

Category: Gallery > Photo  

201510-2

                 
                                                  コムラサキ

Gallery-photo-142

Category: guitar (第2期)  

Mike Baggetta / Live at The Buttonwood Tree


  Mike Baggetta (g)
  Jason Rigby (sax)
  Cameron Brown (b)
  George Schuller (ds)

  Recorded live at The Buttonwood Tree in Middletown, CT,
  and mixed and mastered by Michael Arafeh of The Coffeehouse Recording Studio

  Mabnotes Music (2015)

Mike Baggetta Quartet の “Buttonwood Tree” におけるライブ。
残念ながら、現在DL販売のみということで、やむを得ずDL購入。
トータル 1:24:21 という内容の連続したデータなので、曲間がはっきりせず、普段から通し聴きよりも曲単位で聴くことの多い、自分としては、ちょっと
扱いずらいものがある。
はっきりした曲目の表記もないのだが、次のようになっているらしい。アルバム “Source Material” や “Thieves And Secret” でもおなじみの曲だ。
 
The Wind → The Sky & The Sea → Tonic → Bridges → Nathan → Projections

一通り聴いてみて、一応テーマらしきものは、区切り、けじめとして、あるにはあるのだが、はっきりしたものでもなく、その後につづくインプロのきっかけと
いった意味合いのものだろう。かなり自由な展開となっている。
ところどころで入るBaggettaのスペイシーな響きが、流れの節目となったり、全体を鎮めたり........といった効果も感じられる。
ライブということもあり、音質、音のバランスなど満足できる状態ではないのだが、その分 Baggetta のギターに、CDアルバム以上のラフ、ダーティーと
いったテイストも加わり、ライブらしい生々しさと一発勝負の緊張感も感じられるのはプラスの点。
Rigby の “Projections” におけるフリーなブロウなどもCD以上の荒々しさが感じられる。

こういった、ある日のライブをしっかりとした計画もなくそのまま拾ったと思われるような音源なので、全体にザックリとしたつくりで、使い勝手が悪く、
一度、通し聴きした後で、またちょっと気になる曲を聴いてみたいと思っても、頭を探すのに苦労してしまう。聴きたい部分が思うようにリピートできない
といった状態なので、ライブに行ったと思い、一度通し聴きして、おしまいといったつもりでゲットするような音源なのかもしれない。
実際、こうして感想を記事にしようと思い、気になったところをもう一度リピートしようとしても、その作業がめんどうになる。

Baggetta は、感性先行型のギタリストと言えるが、そのあまりにも先行する感性に技が追いつかないわけでもないだろうが、時折、彼のギターに現れる
不安定な響きは、表現上あえてのものなのだろう。いまだに解析不能の領域の多いと感じるギタリストだ。

Jazz-guitar 150

Category: sax (第2期)  

Greg Osby / 9 levels

  Greg Osby (as, ss)
  Sara Serpa (voice)
  Adam Birnbaum (p)
  Nir Felder (g)
  Joseph Lepore (b)
  Hamir Atwai (ds)

  INCM 001CD (Inner Circle Music) 2008

  1. Principle
                      2. Torerance
                      3. Humility
                      4. Truth
                      5. Less Tension Please
                      6. Resilience
                      7. Two of One
                      8. Innocence
                      9. Optimism          All compositions by Greg Osby except Track 5 & 7

しばらく前、 Nir Felderのライブ があったこともあり、彼参加作ということで久しぶりに引っぱり出して聴いていたら、Osbyワールドにハマってしまい、ダラ
ダラと繰り返しては、聴いていたという本作。
全9曲中7曲がOsbyの手によるもの、自らのレーベル(Inner Circle Music)を立ち上げて1発目のアルバムが自身作ということで、本人の強い思いも感じら
れる作品となっている。
心地良い voice も入ったりして、ながらでサラっと聴いてしまうと、そのまま流れていってしまうようなテイストもある音楽だが、ふと耳にとまった気になる部分
を繰り返したりすると、聴くたびに気になる部分が増えていき、気がついたら、すっかり深みにハマってしまい、抜き差しならない状態にといったような作品だ。

ややダークでクールにコントロールの利いたOsbyのプレイは、都会的でもあり、センスがほとばしる。良い時、そうでない時とちょっとムラっ気も感じられる
Felderのギターも妖しげな気をふりまき、持ち味を出し快調。地味ながら好プレイが光る Birnbaum のピアノ。楽器ライクな使われ方で本作のカラー創出に
大きく貢献した Sara Serpa のヴォイス。それらをベースでしっかり支える Lepore と Atwai のコンビ..........と個々のソロ、プレイは、もちろんなのだが、
やはり、それら個を生かし全体をトータルなサウンドとして、緻密に創り上げたOsbyの手腕が光る一枚、そういう捉え方をしている。

そんな丁寧かつ緻密な計算のもとに創り上げられた、そしてある意味、余分な刺激となる部分は、ある程度、フィルターを通してコントロールされた、そういった
部分でのセンスに溢れたと感じるのだが、反面、刺激は刺激として尖ったままのものも聴いてみたいというのが、私的感性の求めるところでもあるのだが..........

JAZZ-sax 70
Greg Osby

Category: Gallery > Photo  

201510-1

                  

Gallery-photo-141

Category: guitar (第2期)  

Jostein Gulbrandsen Trio / Release of Tension


  Jostein Gulbrandsen (g)
  Ike Sturm (b)
  Ronen Itzik (ds)

  Self Release (2011)

  1. Release of Tension
  2. Dolphin Hotel
  3. Blue Ritz
  4. Slow Hymn
                     5. Pop Song
                     6. Into the Woods
                     7. Untitled
                     8. No Reason
                     9. Last Waltz

ノルウェー出身でNYを拠点として活動しているギタリスト Jostein Gulbrandsen(ヨスティン・グルブランドセン?, B1976)のリーダー2作目。
過去にデビュー作 “Twelve”(Rec.2006)、そして参加作 “Nathaniel Smith Quartet”(Rec.2007)と、いずれも Jon Irabagon 絡みで、好内容の2作を残して
いるのだが、本作は自主制作となっており、純粋に自身のJazzギタリストとして求める方向性を打ち出してくるのか、あるいは売ることを意識したつくりと
してくるのか、いずれにしても彼の音づくりの姿勢みたいなものも見えてくるといったことで、また、ダマシのきかないトリオ作となっているということで、
そういったミュージシャンとしての姿勢以外にも本作は、ギタリストとしての力量が見えてくるといった面でも、関心の向く一枚だったが、自主制作という
こともあり、流通状態も悪く入手しずらいといったことで、保留状態になっていたのもすっかり忘れていたという経緯のあった本作、晴れてのご対面である。
自主制作というのは、基本、本人の強い気持もありやっていることなので、そこに本人の考えやら姿勢などが表面に強く出る場合も多く、リスナーとしては、
それだけに、強い関心の向く対象でもあるのだが、DLは別としてCDの場合は、初回ロット分が、さばけてしまうと追加製作をしないことも多く、リリース時
にゲットしないと、その後の入手が、しばらく難しくなってしまうなど、困ったものだ。

冒頭の1曲目、スペイシーな響きと哀愁漂うラインでハートをがっちり掴まれてしまい、このアルバムとのつき合い方も、これで決まってしまったという感じだ。
一通り聴いてみて、バラエティーに富んだ飽きさせない一枚となっており、その見せてくれるいろんな表情が、このギタリストの豊かな音楽性も感じさせる。
スローな展開では、空間系響きと間を生かし、一転、M3のような速い展開では、音自体もハードにチェンジし、鮮やかにすっ飛ばし、行くべき時は行くメリハリ
を見せる。M5, M9でのアコギも単なる気分転換ではない、エレキではできない表現の1つとして前向きに使っている感もある。ラスト曲M9での哀愁は、
やはりアコギならではの表現と納得できる。

総じて、こけ脅しの速弾きに走ることもなく、空間を音符で埋め尽くすこともなく、地味な印象も残るが、それは、あまりにも多いそういった傾向の現代の
ギタリストに慣れてしまった結果とも言えるのかもしれない。優先すべきは、あくまで音楽であり、技は、その必要に応じてであるべきが、いつの間にか、
その主従の関係がおかしくなってしまい、心に響かない音に出くわすような場面に遭遇することも多いと感じている。その点で、本来あるべき真っ当な
ギタリストとの印象を持った。

さて自主制作の本作だが、冒頭に掴める曲を配し、聴き手を意識しつつも、その後の展開でも、聴き手を無視して、やみくもに突っ走るといったこともなく、
ある程度はリスナーを意識しつつも、自身のやりたいこともしっかりやっている感もあり、メリハリある展開も見せるこのギタリストは、節度とともにバランス
を備えたギタリストと言えそうだ。
それだけに、わずかに控えめとの感もあり、自主制作のトリオで勝負ということであれば、もっと我を強く押し出したものも見てみたいと思わせる隠れた
ポテンシャルも感じさせるものがある。その部分では、ある意味、わがままであるのがアーティストであるとも思うのだが。
我々、リスナーが求めるものは、彼ら自身が真にやりたいことをやった結果であり、そこに余計なものが介入した音は、結局は、そういう表情をした音になって
しまう。音はごまかせない、正直なものだ。

いずれにしても、現代における正統派として誠に魅力に溢れた感性を持ったギタリストであることには違いない。

             
             Norwegian guitarist Jostein Gulbrandsen performs with Ike Sturm on bass
             and Ronen Itzik on drums at Scandinavia House in NYC.

Jazz-guitar 149
Jostein Gulbrandsen

1
3
5
6
8
9
11
13
15
17
18
19
21
23
25
26
28
30
> < 10