前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by 02 2015

Category: guitar (第2期)  

Skip Heller / Bear Flag

  Skip Heller (g)
  Joe Bag (org)
  Ryan Doyle (ds)

  Recorded at Pierce College, Woodland Hills, CA 2/1/05 and 2/27/05
  DMJ-1083 (Dreambox) 2005

  1. Highway
  2. Till Things are Brighter
  3. Weatherbirds of Prey
  4. Philadelphia
                     5. Plaid Hat, Red Wagon
                     6. Train Rhythm Blues
                     7. Angelica
                     8. Letter Home to My Wife
                     9. The Shirley Scott Trio was The Time

フィラデルフィア出身のギタリスト Skip Heller(B1965) は、今回初めてとなるのだが、オルガンの Joe Bag の名前を発見し手を出してみた。

冒頭曲でいきなり Heller のギターが、遠い昔のエレキサウンドを思わせるようなエコーギンギンの音でスタートし、これは大失敗かと思ったのだが、
チープ感とともにノスタルジックとでも言ったらいいのか何らかの効果を求めて始めのテーマ部だけだったので、とりあえず一安心。
この Heller の感性は明るめで、どこか微量だがカントリー臭が漂い、典型的アメリカンのそれなのだが、音楽にはいずれも古き良き時代のアメリカを
思わせるようなどこか懐かしい郷愁もかすかに漂う。
こういうタイプのギタリストに出会うのもほとんどないが、チェット・アトキンスあたりの影響もあるのか?
そんな彼の感性や音楽とはイメージが一致しないが、写真を見ると使用するギターはソリッドモデル、もしかしたらロックあたりも関わっていたか?
素性のわからないギタリストだが技術面もしっかりしているし、感性の質という点では決して好みのタイプではないが、普段Jazz畑ではあまり見かけない
なかなかの個性派だ。

そういった音楽の中でオルガンの Joe Bag が終始安定したプレイを見せ、このバンドのベースとなるところをしっかり支えているのが好印象。
ちょっと前に記事にした "Sam Most / Organic Flute" でもやはりそうだったが、超ベテランのSam Mostを支えるシゴトぶりは、さしずめ名傍役と
いった印象もあり、ソロにおいても質の良いプレイをしつつ主役をきっちり立ててくれる。フロントに立っても、こんな男が脇を固めてくれていたら、
さぞ心強いだろう。
感性面では、先端で開拓していくというタイプではないにせよ、今の時代のメインストリームを行くコンテンポラリー系として、緩急での安定したプレイは、
他のコンポラ系オルガニストと比べても全く見劣りすることはない。
振り返れば、現在までコンポラ系の感性を持ちながらも旬の存在との共演は少なく、あまり活躍の場に恵まれていないとも思えるのが残念だが、新しい感性
との出会いが自分から何かを引き出し進化するきっかけにもなるので、その辺も心がけた活動もしてもらいたい、そんな過去も無ければ現在の知名度が低い
といった状況も無かったとも思えるセンスあるオルガニストだ。

JAZZ-guitar 133
Skip Heller

スポンサーサイト
Category: Gallery > Photo  

201502-2

               

Gallery-photo-96

Category: vocal  

Diana Krall / Wallflower

  Diana Krall (vo, p)
  David Foster (key, p, Orchestra Arranged)
  William Ross (Orchestra Arranged)
  etc.

  Recorded 2014, Santa Monica, CA
  Verve 3786685

  01. California Dreamin' / The Mamas & Papas 1965
  02. Desperado Piano / Linda Ronstadt 1973
  03. Superstar / Delaney & Bonnie 1969
                     04. Alone Again (Naturally) / Gilbert O'Sullivan 1972
                     05. Wallflower / Bob Dylan1 971
                     06. If I Take You Home Tonight / Paul McCartney
                     07. I Can't Tell You Why / The Eagles 1979
                     08. Sorry Seems To Be The Hardest Word / Elton John 1976
                     09. Operator (That's Not The Way It Feels) / Jim Croce 1972
                     10. I'm Not In Love / 10cc 1975
                     11. Feels Like Home feat. Bryan Adams / Bonnie Raitt 1995
                     12. Don't Dream It's Over / Crowded House 1986

デビュー当時からずっと追っていたDiana Krall(B1964)でしたが、エルヴィス・コステロとの結婚後の作 "Girl in the Other Room(2004)" あたりから
それまでとは何かが変わり、音楽の魅力が薄れたと感じるところもあり、アルバムには手を出さなくなってしまっていた。それでもそれまでのアルバムは
時折聴くこともあり、やはり稀な才能、数少ない大好きなVocalistであることに変わりはない。
そんなこともあり、とんとご無沙汰していたDianaですが、久しぶりに現在の状況も知りたくチェックすべく本作ゲットの予定もしていたら、発売延期も
ありのびのびになってしまっていた。
年の初めには、特に予習というわけでもないが、デビュー作そして出発点とも言える "Stepping Out" なども聴いたりして、準備万端整えては久しぶりの
再会に向けテンションをキープしていた。

内容はほとんど、Diana自身がおそらく聴いて育ったと思われる思い出のポップスをカバーしたもので、オーケストラアレンジを David Foster と
William Ross が担当しているというもの。
曲については、私としては当時、違うフィールドにいたとはいっても、多くが耳にしたことがあるという内容だが、特に入れ込んだという曲は無い。

さて、一聴してみれば、歌の魅力はハンパなく、さすがと思わせるものもあり、前述の "Girl in the Other Room" あたりで感じられた負の印象はあまり
感じられなくなっている。曲の魅力を自分の感性を通し増幅して引き出してしまうこの能力は天性のものなのだろう。
でも、う〜むといった感じ!何か大事なものが足りない感じがしてしまう。
これって、ほんとうにDiana自身が100%納得した結果としての形なんだろうか?そんな疑問もわく。
私的には、元来が雑食性でありJazz度が薄いとか濃いとか、その辺は求めない、ただただ音楽として魅力的であればそれで良いのだが、いい仕上がりで、
それなりに楽しめる音楽となっているとも思え、おそらく多くの人に受け入れられては、売れるアルバムにもなるのだろう..........とも思えるのだが...........
私的に彼女の音楽の魅力は、「男前」とも言えるような低め、太めのハスキーぎみの声質をもって思うがままに歌い、そして弾き、強引に引っ張る姐御肌の
テイスト、そしてそれらとは真逆の女性らしい繊細なテイストとが同居しているというレンジの広い天性の表現力といったあたり。
本作では、あくまで敷かれたレールの上という条件ながら彼女の天性の歌の巧さもあって、上質の音楽にはなっているのだが、それが彼女の感性で思うが
ままに歌い、弾いた結果とはどうも思えないだけに、納得できない、すっきりしないものが残ってしまう。
音楽というのは、その音づくりの姿勢みたいなものが最終的に音になったとき、おどろくほど正直に表れるもの、つくり手の目的としているものが自分の
求めているものとズレがあれば、心から受け入れられる音楽とはならない。
レーベルそしてDavid Fosterの考えや思いとDianaの思いは一致しているのだろうか?アルバム名義人であるDianaの創りだしたと言えるものなのか?
もっともDiana自身が、過程、結果を含めてこれで良しと納得、満足しているのであれば、何ともしょうがない、きっぱり見切りをつけるしかないのだが.....
リスナーの私としては、彼女自身が求める音楽、そして納得できるやり方で勝負したものを聴きたいだけなのだ。そこに余計な味付けなどは要らない、
ただ Diana Krall の音楽をフィルター抜きでストレートに聴きたい、というのがリスナーの思い。どうも本作はそんなリスナーの思いには、正面から応えて
くれなかったようだ。
現況チェックの意味もあっての本作ゲットだったがDianaの本心がいまいち読めない、次も聴いてみないと判断不可という何ともはっきりしない展開に
なっちまったようだ!

JAZZ-vocal 48
Diana Krall

Category: Other Instrument  

Chris Lightcap / Lay-Up

  Chris Lightcap (b)
  Tony Malaby (ts)
  Gerald Cleaver (ds)
  Bill McHenry (ts)

  Track 1-7 Recorded September 13 & 14, 1999 at Tedesco Studios, Paramus, NJ
  Track 8  Recorded live September 12th at Cornelia Street Cafe, NYC
  FSNT 074 (2000)

  1. Lay-Up
  2. I Heard It Over the Radio
                     3. Port-Au-Prince
                     4. Guinbre
                     5. All Choked Up
                     6. Las Tijeras
                     7. Sad Morning
                     8. Philly's Blount

前回の記事で Gerald Cleaver参加の "Plymouth" を聴いた関係で、Cleaver の入った作を他にも聴いてみたくなり、いろいろ引っ張り出してはさがし
てみたら2000年作の本作が目につき、聴いてみた。

Tony Malaby、Bill McHenryの2本のテナーを擁したベーシスト Chris Lightcapのクァルテットによる初作。この後グループ "Bigmouth" として
途中メンバーの変更なども経て現在も活動しており、最新作 "Epicenter" も直リリースという予定となっている。
聴くのも久しぶりになるという本作だが、変則ぎみの編成とメンバーの顔ぶれから、ちょっと尖ったテイストのものもイメージしてしまうかもしれないが、
音楽の方は至ってノーマルで、ちょっと味付けを変えたハードバップとも言える味わいのものになっている。

Lightcap と Cleaver の繰り出すどちらかというとあまり動きの無い一定のリズムをバックに Malaby と McHenry の2本のテナーがユニゾンしたり
あるいはハモったりの一糸乱れぬ呼吸を見せたかと思うと、軽くジャブの打ち合いで遊んでみたりといった展開が続く。
緊迫感もあるちょっと尖ったものも期待してしまうと、そのサラっとした展開にちょっと肩すかしを食らった感じも受けるという内容だが、
脱力感とともに余力を残したとも思える2本のテナーには、確かな力も感じられ、変な言い方だが、見せない部分の大きさも何となく伝わってくるような
ところもあり、それは Cleaver のドラミングについても同じような印象を持つ。
そんな本作なので、聴き手によりその受け取り方も大きな違いを見せる一枚と言えるかもしれない。

JAZZ-other instrument 28
Chris Lightcap

Category: organ (第2期)  

Plymouth

 Plymouth-2.jpg

Jamie Saft (p, organs)
Joe Morris (eg)
Marry Halvorson (eg)
Chris Lightcap (eb)
Gerald Cleaver (ds)

RNR040 (RareNoise) 2014

1. Manomet
2. Plimouth
3. Standish

これまで各種キーボードを扱うミュージシャンとしてのみならず、プロデュース、エンジニア............などマルチタレントと言ってもいいような活動をして
きているJamie Saft の新作。
ジャケット表には "Plymouth" の表記しかないので、これがタイトルであると同時にグループ名といった扱いになっているのか? 情報なく判断できません。
既に記事歴のある同じRare Noiseレーベルの "The New Standard(RNR041)" とは一つ若いCD No.になっているので、ほぼ同時期のものと思われる
が、メンバーからイメージできるように、こちらはフリー色濃厚な内容となっており、"The New Standard(RNR041)" の比較的ストレート感もある
プレイを考えると、ほぼ同時期にこれだけ表情の違う音楽をこなすというのも何ともSaftらしいマルチなものが感じられる。
本作でSaftが担当しているのはピアノとオルガンなのだが、ピアノは曲のスタートあるいはエンディングあたりのテーマらしき部分で使われ、主要部分では、
オルガン主体のプレイになっているので、本記事もカテゴリー "オルガン" の記事といたします。

なかなかの曲者揃いの本作ですが、収録は3曲のみ、いずれも約20分、13分、28分という長尺曲は、テーマらしき、その後の展開のきっかけとも言える
ような部分の後は集団即興演奏といった感じで、混沌として、迷路にでもはまり込んでしまい息詰まるような展開が続く。
互いの発する音を刺激、きっかけとして新たな流れが生まれ、音楽の表情も刻々と変化していくという展開は、緊張を強いられるとともに重い。
そんなシリアスな展開が持続する本作だが、3曲目後半あたりから、その混沌から抜け出すようにSaftのオルガンがフルスロットルで怒涛の展開を見せる。
こんなヘヴィーなSaftのオルガンを聴いたのも本作が初めてとなるが、思えば 15年程前、Saftのオルガンに初めて出会った
"Bobby Previte's Latin for Travelers / My Man in Sydney" の頃のオルガンと比べると変化、そして進化により彼の音楽も時の流れとともに
確実にStep Upしてきていると感じられるのは、感慨深いものがある。
神経質そうでクセのあるプレイを見せる Marry Halvorson のギターは、そのメガネのルックスと妙に重なってしまうw、おもしろいキャラクターだ。

Jazzの歴史においては、常にその他の楽器という位置づけにあり、他楽器に比べプレーヤー自体の絶対数も少なく、Jazz全体を考えた場合、その流れに
変化をもたらすようなイノベーターといった人材も出にくい状況もあったわけですが、そういった意味では、こういった感性を持ち、フリー寄りのプレイ
もこなすオルガニストは少ないだけに、貴重な存在だ。後に残る何らかの成果をぜひ残してほしいものである。

JAZZ-organ 168
Plymouth

Category: organ (第2期)  

Jermaine Landsberger / Gettin' Blazed

  Jermaine Landsberger (Hammond B3 organ, rhodes)
  Pat Martino (g - 1, 2, 6)
  Andreas Oberg (g)
  James Genus (ab, eb)
  Harvey Mason (ds)
  Gary Meek (ts, ss, fl - 1, 2, 9, 10)
  Kuno Schmid (synth, rhodes)

  RCD 1009 (Resonance) 2009

                     01. Sno' Peas
                     02. Brazillian People
                     03. Ballada para J
                     04. Three Base Hit
                     05. Valse Manuche
                     06. Romance
                     07. Babik
                     08. Another Star
                     09. Night Ballad
                     10. Filthy McNasty

ドイツ出身のオルガニストJermaine Landsbergerは、末聴だったこともあり過去作ですがゲットしてみました。

Landsberger曲2、3曲に参加しているベテランPat Martinoが目を引きますが、そのMartino曲が1他で全10曲という内容になっており、
Landsbergerに関しては今現在、情報を持っておらず年令や経歴などわかりませんが、一聴してみれば、基本的な音出しからなかなかの腕達者です。
いつもそうしているのかわかりませんが、James Genusがベーシストで参加しているので、ベースラインは自分が担当しないという、
オルガニストでは少数派になるのでしょうか?
感性の質としては、前世紀、オルガンの主流だった黒っぽいコテコテ感はないものの、クールといった印象もなく、適度なブルージーさも時々、
顔を出すそのオルガンは、一応コンテンポラリー系という範疇で見るにしても、先進感といった部分では希薄で、現在のメンンストリームの中でも、
かなり後ろ寄りの立ち位置にいる感性でしょうか。
技量面での安定感と巧さを備えており、その点では、プレイに強い吸引力は無いものの、聴いていて安心感があり、確実に平均点を出すタイプと言えるかも
しれません。しかし大きい一発が期待できないというのがちょっとというところでしょうか。

メンバーもMartinoの他、腕達者を揃えており、全体として、いわゆるオルガンジャズの定番とも言っていいような、ある意味ホッとするようなサウンドに
仕上がっているのではないでしょうか。
Martinoは、相変わらずの健在ぶりをを見せ、Obergのギターもけっこうガツンとした攻めを見せてます。

従来のオルガンらしさを残しながらも、少しは今の感覚もといった方には、安心して聴ける好内容の一枚といったところでしょう。

JAZZ-organ 167
Jermaine Landsberger

Category: guitar (第2期)  

Klima Kalima / Finn Noir

  Kalle Kalima (g)
  Oliver Potratz (doublebass)
  Oliver Steidle (ds)

  Recorded 6/2012 at rbb, Compositions by K, Kalima except nr 4
  yeb-7732 (yellowbird) 2012

  01. La Vie De Boheme 1, Saturday Night in St. Petersburg
  02. La Vie De Boheme 2, Sunday Morning in Leningrad
  03. Ariel
                     04. Things Will Turn Out Right
                     05. Maister I Margarita
                     06. It is Gas, Inspector Palumu
                     07. Cafe Brutale
                     08. Stars Will Tell, Inspector Palmu
                     09. Calamari Union
                     10. Eight Deadly Shots

フィンランドのギタリスト Kalle Kalima(B1973)による12年のトリオ作。
アルバムタイトルとして "Finn Noir" そして大きめの字で "Klima Kalima" となっているのだが彼の名前 "Kalle" とは違っているのでこれはグループ名
ということなのでしょうか?、ちょっと情報不足でわかりません。
内容は、フィンランドのノワール映画にインスパイアされて作ったものらしく、曲名などもそれら作品に関したものであるようだ。
言わば彼らが頭の中でイメージした架空のサントラといった部分もあり、楽曲からはストーリー性みたいなものも感じられ、さまざまなシーンをイメージ
させられるような音楽となっている。
そういったコンセプトもあり、フリー系ギタリストとしてシーンにデビューした当時の印象は、本作ではあまりなく、Kalimaにしては創り込まれた印象の
楽曲が並ぶ。
とは言え、テーマ部以外の部分では彼のソロパートはたっぷりと用意されており、またトリオ編成でもあり彼のギターは、音楽をリードする形でたっぷり
聴くことができる。

Kalimaの感性はフィンランドという出自が大きく関係しているのか、あるいは出身地域に関係なく独自に開発されてきたものか、その辺は判断しかねるが、
普段耳にすることも多い米国系Jazzギタリストの感性とは、明らかに異質であり、他の欧州系と比べても個性派と言ってよい感性の持ち主だ。
Kalimaについては、本作以前には、彼のトリオにフランスのMarc Ducretが参加した "Hippycone(2000)" を聴いてはいたのだが、これはDucret
参加ということもあり、本作とはちょっと印象も違うものとなっており、本作のコンセプトなどから単純にそれと比較してどうこう言えるものでもない。
そちらは機会と余力があれば別途UPということにしておきます。
ということで本作は、以前聴いた前述作と比べると適切なことばではないかもしれないが、ノーマルで聴きやすいといった印象のものとなっている。
まあ、それもあくまでもKalimaにしてはということで、一般的Jazzギターから見れば、十分個性派と言えるのではないだろうか。
高い技術をウリにするタイプでもなく、魅力はちょっとダーティーな味わいも入ったダーク寄りの感性だが、聴いていてちょっと頭に浮かんだのが、
以前いくつか記事歴のあるポルトガルのMario Delgado、曲によりあるいは部分的だがエフェクトなどとともに通じるものが感じられる。
本作時点で39才、一般論で言えば年齢面で、ベースのところでは既に形作られているという時期、今後どう変化を見せるのかはわからないが、ちょっと
気に留めておきたいギタリストではある。

JAZZ-guitar 132
Kalle Kalima

Category: Gallery > Photo  

201502-1

               

               今年の冬は厳しい。春は来るのか................................

Gallery-photo-95

1
2
4
5
6
8
9
10
12
13
15
16
17
19
20
22
23
25
26
28
> < 02