FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by 01 2015

Category: vocal  

Diana Krall / Stepping Out

  Diana Krall (voc, p)
  John Clayton (b)
  Jeff Hamilton (ds)

  Recorded by Ian Terry at Kingsound Studios in North Hollywood, CA, October 18-19, 1992.
  GRD-9825 (GRP) 1993

  01. This Can't be Love
  02. Straighten Up and Fly Right
  03. Between the Devil and the Deep Blue Sea
  04. I'm Just a Lucky So and So
                     05. Body and Soul
                     06. 42nd Street
                     07. Do Nothin' Till You Hear from Me
                     08. Big Foot
                     09. Frim Fram Sauce
                     10. Jimmie
                     11. As Long as I Live

まもなく、新作 "Wallflower" のリリースが予定されているDiana Krallですが、エルヴィス・コステロとの結婚後、どうも歌の魅力が薄れてしまったと
感じるところもあり、それまで全作聴いていたDianaでしたが、とんとご無沙汰してしまっていた。
年の初めに思い出したようにDiana Krall(B1964)の原点とも言えるデビュー作を引っ張り出してみた。

彼女は、カナダのブリティッシュコロンビア州のナナイモの出身、位置的には、ジョージア海峡を挟んで対岸にはバンクーバーそして米国との国境を挟んだ
先が、ちょうどシアトルといったあたり、幼い頃に家族でバンクーバーに転居してからバークリーに入学するまでは、そこが生活の拠点となっていたようだ。
バークリー卒業後、西海岸のロサンゼルルスでの活動を経て90年にニューヨークへ転居、そして93年の本デビュー作につながっている。

本作を初めて聴いた頃、それがジャケットの印象に通じるようなものがあり、いいのか悪いのかわからないが、内容のよく出たジャケットなどと思えたもの
だった。後のDianaのジャケットに徐々に表れてくるような洗練感は全くと言っていいほど無く、まさに荒削りだが Jazzフィーリングの塊みたいなシーン
に登場してきた頃の状況が、そのまま見えてくるような一種の素朴さも漂うジャケ写である。

そんな原石を思わせるような本作ですが、そこに感じる可能性の大きさが、やはりDiana Krallのデビューアルバムであることを強く感じる一枚と言える
でしょうか。
極部分的だが彼女のピアノに同じカナダの大先輩オスカー・ピーターソンを感じる部分もあるのは、何か感慨深いものもある。
シーンに出て来た当初の勢いとともに彼女の原点も見えてくるようなアルバム、そして大きな可能性も感じさせてくれた一作。
Dianaには、今一度この頃を思い出してほしい。
新作は、豪華アレンジで歌うポップソング集といった内容らしい。この「豪華」といったテイストがどうもひっかかる。手が伸びるか微妙だなぁ。

JAZZ-vocal 46
Diana Krall

スポンサーサイト



1
2
5
7
8
9
11
13
15
16
18
21
22
23
24
26
27
29
30
> < 01