前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by 12 2014

Category: guitar (第2期)  

2014年 今年出会った極私的この1枚

この企画は、毎年その年に出会った新譜の中から特に印象に残った1枚を紹介する記事として「〜年極私的この1枚」というタイトルにしていたのだが、
実際に聴いているのは、新譜ばかりではなく、気になる対照に出会ったら過去にさかのぼり徹底して過去を洗うといった作業も多く、そんな中から
今後の自分の流れを変えるような極めて重要な出会いをすることもしばしばある。
日々、今まで出会ったことのない新しい音を求めれば、自分の感性もそれらからの感化により時の流れとともに変化、進化してゆくのは自然の流れである。
従って、過去に自分の感性が反応しなかった音に、後に反応を見せる場合もあることを度々経験してきていることを考えれば、過去に素通りしてきて
しまった中に、今後の自分にとって極めて重い意味を持つものも潜んでいることの多さを思い知らされる。膨大な量の音源があることを考えれば、その中で
自分にとって大事なものを見過ごしてしまう場合もあるのは、仕方ないことなのかもしれないのだが、やはり新譜聴きを基本としながらも、同様に過去盤にも
目を向けなければ片手落ちになってしまうとも考えている。
ということで、この企画もその対照を広め、新譜という狭い枠にとらわれず、広く過去盤も含め「今年出会った」ということばを追加してタイトルとする
のが適切と考えたしだい。

Aphotic.jpg
  Bryan Baker / Aphotic

  Bryan Baker (g, composer)
  Aaron Henry (sax, composer-09)
  Bryan Ladd (b)
  Nick Falk (ds)

  Released 16 May 2005


そんなわけで、今年はこの1枚。私的には、何にも増してインパクトがあった。
ギタリストBryan Bakerに初めて出会ったのは、昨年はじめ頃、オルガンのBrian Charette絡みで探っていたYouTubeの動画、それ以来、ちょっと
気になるギタリストとしてCDを入手すべく捜してみたのだが、国内には入ってきてなかったこともあり、のびのびになってしまったのだが、その後、流通
に改善の兆しも無く、今年に入って間もなく、やむを得ずまとめて本国からの取り寄せに至った。
本作は、Bakerにとってはデビュー作となるのだが、天才肌ゆえなのか、我々凡人とは見ている方向が全く違うといったこともあり、本作以降の作品に
関しては、音楽の方向性に読み取れない部分もある。本人も小さな枠にとらわれることなく、自身の可能性を探っているといったところなのかもしれない。
本作もまことにBakerらしくCD-R仕様ということで、流通状態も極めて悪いといったシロモノなのだが、その内容には驚く。肌を刺してくるほどの刺激も
伴いつつダークで特異な空間を演出するBryan Bakerというギタリストの可能性に溢れたデビュー作。
リリース当時、その存在に気づかず通り過ごしてきてしまったことが悔やまれる。本作以降、終わりのない長い旅に出てしまった感もあるBakerだが、
そろそろ、その旅の成果を出さなければならない時期だ。

記事は → こちら

その他の記事 → Black Baptista/Thread The Needle
         The Lacuna Variations
         This Morning Day

JAZZ guitar 128

スポンサーサイト
Category: sax (第2期)  

Gorka Benitez / Gasteiz

  Gorka Benitez (ts, fl)
  David Xirgu (ds)
  Ben Monder (g)

  Recorded at Vitoria-Gasteiz Jazz Festival, July 16, 2012
  FSNT441 (Fresh Sound) 2014

  1. A Marte Otra Vez
  2. El Duelo
  3. Pan Duro
  4. Una Y Mil Veces
                     5. Falsa Calma
                     6. Goazen (Vamos)
                     7. Idoia
                     8. Silbable

Gorka Benitez(B1966)はスペインのsax奏者、これまでにもギターのBen Monder(B1962)とは度々共演があるが、本作ではジャズフェスでのライブ、
そしてベースレスのサックス-ギタートリオとやや変則的な編成の中でどんな音楽をやっているのか楽しみなところである。

Gorkaのtsには、全編に渡ってというわけでもないのだが、米国系のテナー奏者とは明らかに違う、スペインという土地の匂いやら哀愁といったものが
曲により色濃く感じられる。そういったNYコンテンポラリーとは異質の言わば土の香りのする音楽は、彼の個性でもあり魅力ともなっているのだが、
それだけにそれはそのまま好みの分かれるところとなるのかもしれない。
私的には、かなり自由にゴリゴリ押したり、かと思うと哀愁漂う素朴感もある美メロが出てくるなど、剛柔使い分けるGogkaのテナーそしてより土着性が
出るフルート、なかなかおもしろい存在だと感じている。

Monderは、Gorkaを前面に立て、裏方に回るといった展開を基本としているのだが、こういった編成なのでコードプレイやベースレスをカバーするべく
低音部を使ってのラインなど終始あわただしい動きを見せており、しかもGorkaのソロがない時は、ドラムスとのデュオということで、本作の音楽に
おいては、そのベーシックな環境づくりという点でMonderの果たしている役割は大きいものがある。
そんなことで、近年の他作では、あまり聴けないスタイルのMonderに接することができたという点で意味のある一枚でもあった。

dsのDavid Xirguは、長年Gorkaとは活動を共にすることも多いのだが、この3人というミニマルな編成の中で、他の2人にもう少し刺激を与えられる存在で
あったなら音楽もだいぶ違ったものになっていたような気がしないでもない。

JAZZ-sax 63
Gorka Benitez

Category: Gallery > Matchbox  

Matchbox Art Gallery - 39

                         

                         mama1-2.jpg

                         mama1-3.jpg


               mama2-1.jpg  mama2-2.jpg  mama2-3.jpg
                                              Tokyo Shinjuku

Gallery-Matchbox-39

Category: Gallery > Photo  

201412-4

       

Gallery-photo-89

Category: organ (第2期)  

Randy johnston / People Music

  Randy Johnston (g, voc-3, 6)
  Pat Bianchi (Hammond organ)
  Carmen Intorre, Jr. (ds)

  Recorded at Tedesco Studios, Paramus, NJ
  Random Act Records 2011

  1. Garden State
  2. Nostalgia for What Never Was
  3. Parchman Farm
                     4. Chavez
                     5. Everyday Heroes
                     6. Trouble
                     7. Humpty Dumpty
                     8. Passing By
                     9. Cold Duck Time

Randy johnstonは、今現在自分が求める方向性のギタリストではないのだが、オルガニストとして参加しているPat Bianchiの状況を少しでも掴むべく
ゲットとなったしだい。したがってカテゴリー "オルガン" の記事といたします。

Pat Bianchi(B1976)は、バークリー出身のオルガニスト。流れの先端で新しい流れを作っていく、開拓していくといったタイプではないにせよ、時には
モーダルなプレイも見せるなど、前世紀のオルガンの主流とは違った21世紀のオルガンの中流を行く感性として、一時期からその成長を期待し、完全追尾
モードでずっと見守ってきたのですが、なかなか期待するような方向には変化を見せてくれず、ちょっとその期待も薄くなってきた感があるというのが現状
です。そんな中、ちょっとだけ前の参加作ですが未聴の盤だったのでチェックしてみました。

音楽の方は、予測はしていましたが、やはり前世紀の流れを強く感じる内容。Randyのギターはウェス直系などとよく言われてますが、そういったブルー
ジーなJazzギター伝統のテイストを基本に感じるものの、本作は過去の一時期のホワイトブルース臭のようなものも漂い、かなり雑味が感じられるなど、
過去にそこを通り過ぎてきた今現在の自分の感性にはしっくりこないものも残ります。
ただ技術面に関しては、レベルが高く、この種のテイストが好きな方には、それなりの内容となっているのではないだろうか。

さて、お目当てのBianchiですが、この音楽の中で、どうなんでしょうかねぇ。
ミュージシャンも大きく分けると、どんな環境でも自分の色を強く出していくタイプとその環境に合わせてしまうタイプといますが、本作でのBianchiは
後者の方で、完全にこの音楽の中に馴染んでしまっており、一時期彼のオルガンに感じられた先進感といった大げさなものでもないのだが、今現在の空気感
といったものが希薄になってしまっており、大きな目で見れば時代の流れとともにわずかだが前に進んでいる流れの中で、その音楽は変化を見せていない分、
後退してしまっているとも感じられるのは、期待感を持って見て来たオルガニストだけにもったいない気がする。きっかけさえ掴めば花開けるいい感性を
持っていながらつぼみのままという状況が何とも歯痒い。進む方向に疑問ありとも思うが、何分本人のことなのでどうにもならない。
振り返ってみれば、けっこうユルい環境の中で活動してきている。当然、出会いのタイミングやら、いろいろとしがらみなどもあるのだろうが、自分より
先を行く感性との共演により、自分から引き出されるもの、共演者から得るものなども多い、そのためにも自分から厳しい環境を求めていく姿勢は不可欠だ。
師匠格 DeFrancesco と同じような道を歩んでしまっているのも気になる。ついついイージーな方向へ走ってしまう姿勢までマネする必要はない。
年令的には40手前、若手と思っていたらもう中堅といっていい年代、この辺で悪い流れを断ち切る強い意志を見せないと手遅れになってしまう。

Pat Bianchi関連記事は → こちらから

JAZZ-organ 166
Randy Johnston

Category: Gallery > Photo  

201412-3

          

Gallery-photo-88

Category: Gallery > Photo  

201412-2

                 ここ2〜3日、パラついてうっすらと積もった雪の上に小動物の足跡が....................
                 森の中からクリスマスの準備に小さいのがやって来たのか....................?
                 何かファンタジーな気分!
                 
                 

                 201412-22.jpg

Gallery-photo-87



Category: sax (第2期)  

Meilana Gillard / Day One

  Meilana Gillard (ts, b-cl. fl)
  Nir Felder (g)
  Sam Brash (el-p)
  Marcos Varela (b)
  Tyshawn Sorey (ds)

  INCM CD 007 (Inner Circle Music) 2008

  1. Day One
  2. Semisweet
                     3. Identity
                     4. A Spirit Remembered
                     5. Blessful Illusion
                     6. Red Sky
                     7. Sounds Like Yes
                     8. Then Came The Sun

Meilana Gillard は、81年英国ロンドン生まれだが、かなり若いうちに米国オハイオ州に移り住んでいるようで、その後、地元のOSU(オハイオ州立大)で
学んでいる。2003年ニューヨークに移ったあとニュースクール大学にてジャズプログラム専攻(2005年)、そこではSeamus Blake, George Garzone,
Tim Priceなどと共に学んだようだ。
といった経歴はともかくとして、要は実際、演っている音楽、そこなのである。
本作もGreg Osby作などで妖しげな光を放っていたものの、当時はほとんど無名といったNir Felderやらフリー系の各種プロジェクトで気になる存在だった
Tyshawn Soreyなどの参加が後押しとなりゲットしたもの。

音楽の方は、Meillanaの感性、好みといったところもあるのか、全体として、小難しく考え過ぎたようなところもなく、今の空気感を振りまきつつストレ
ートアヘッドでわかりやすいものとなっているところに好感が持てる内容ともなっている。
入れ込み過ぎて、なんだかわけのわからぬものになってしまわないで良かった気もするが、反面、若手のデビュー盤として創り出すことへの旺盛な意欲と
それに伴う張りつめた緊張感といったものがもっと欲しかったような気がしないでもない。

Meilanaのテナーは、概ね良好だがそれ以上の強い説得力が伝わってこないといった印象を受ける。本作録音時点でやっと20代後半にといったあたり、
キャリアを考えれば、まだまだこれから、その素直な感性に個性という魅力を付けていってほしい。
そんな若手の中でNir Felderが、いつになくのびのびとしたプレイをしている。冒頭のアルバムタイトル曲で、最初にソロをとるNirのギター、こういった
個性に溢れたプレイを聴いているとやはり限られた存在といった印象を強く持つ。今年リリースされたデビュー作では、気負いもあったのか、本来の力が
出ていないようにも感じていたが、逸材であることに違いはなく、後はそれを自身で開花させるという部分でその才能と運があるかといったことなのかも
しれない。

JAZZ-sax 62
Meilana Gillard

Category: 未分類  

フリーズドライ食品を試す!

ひょんなことからフリーズドライ食品を試すことになった。
試すといっても、現状を分析して、その未来に向かってのフリーズドライ食品の可能性を探るといったそんな大げさなことでもないのだが、
これだけ試すとなるとちょっとした大シゴトだ。
毎日試すのもちょっと何だしなぁ...................まあ、ぼちぼち食ってみる。
既にいくつか試してみたのだが、なかなかいい塩梅だ。
レトルト食品だと、缶詰製品同様にやっぱり特有のレトルト臭といったものが感じられるものだが、
このフリーズドライ製品は、その辺あまりクセが感じられないというのが好印象。フリーズドライ加工する前の調理した状態が結構いい状態で
再現されるといった感じだ。
しかも、フリーズドライ加工されることにより脱水乾燥された食品は、驚くほど小さく軽くなるという強力なメリットができる。
このメリットの部分が、ユーザーにとっては、持ち運び、保存といった面でその用途に大きな広がりもイメージできるし、メーカーにとっても
在庫管理や輸送面での大幅なコスト削減も期待できる、それにフリーズドライ化とは無縁の食品は世界中にまだまだ無限にあり、フリーズドライ化
することによりその使い方などフリーズドライだからこその新たな道が見えてくる食品も山ほどある。
う〜む、フリーズドライ食品の可能性は極めて大きそうだ。まあ、やり方、アイデアしだいだけどね.......................................。

こんなこと言ってると
「おめえフリーズドライ食品業界の回しもんかぁ?、しこたま貰ったんじゃねえのか?、それとも何か裏でもあんのか?」....................などと、
あらぬ事も言われそうですが、んなこたぁありません。

             amano-1.jpg
             amano-2.jpg

写真のアマノフーズのフリーズドライ食品売り場は → ここポチっと

未分類-11
Category: organ (第2期)  

Fast3 / 3's Company (A Tribute to Grant Green)

  Dave Wilkinson (g)
  Phil Wilkinson (org)
  Caspar St. Charles (ds)

  Recorded on Februar 24 & 25, 2008 by the Wilkinson Brothers at Blue Sensei Studios, BCN, Spain
  DR-007 (Doodlin) 2008

  1. Grantstand
  2. Bermuda Clayhouse
  3. The Selma March
                    4. Softry as in a Morning Sunrise
                    5. Broadway
                    6. Cease the Bombing
                    7. Talkin About JC
                    8. Bermuda Clayhouse (alternate take)

今回初めてになることや情報不足もあり、素性不明のミュージシャンですが、ギターのDaveとオルガンのPhilは、どうやら兄弟、出身は英国らしい。
アルバムタイトルのサブとして"A Tribute to Grant Green" となっていることや曲目などから判断すれば、今現在自分が求めている方向の音楽でないこと
も容易にイメージはできるのだが、知らないオルガンは、すべからく聴くべしということで消極的ながらゲットしてみました。

音楽の方は、4ビート系中心で60年代を思わせるような伝統の音が並ぶ。この兄弟は、どちらも巧く、技術面で不満となるようなところは特にない。
ただ、今を生きるミュージシャンとして、特に若手である彼らの音に今現在の空気感が感じられないのが寂しい気がしてしまう。
Jazzは生き物だ。先人の残したもの、そこに自分たちのアイデアなり、その時代のエッセンスなりをプラスしてこそ、はじめて全体としてわずかだが少し
ずつ前に進むといった営みを繰り返して現在がある。これが生きるということであり、これがないと衰退の一途をたどることになる。

リスナーにとっても音楽のどの部分に楽しみを見い出すか、その価値観はさまざまだが、私の場合は、音づくりの姿勢として、そこに前に進む力が感じられ
ないと、楽しいものではなくなってしまう。ブログタイトルにもそういった意味があるのだが.................

Grant Greenトリビュート作ということで、あえてこういったスタイルとしたとも考えられなくもないが、技術面とともに歌心もしっかりしたものも持って
いる彼ら、大事なのは、その技術をいかに使いこなし自分たちの音楽を創り上げるかというところ、我々リスナーが求めているのもそこであり、心動かされ
るのもそこなのだ。

             

JAZZ-organ 165


Category: piano (第3期)  

Olivia Trummer / Fly Now

  Olivia Trummer (vo, p, el-p, org, wurly, shaker)
  Kurt Rosenwinkel (g-3, 6, 10)
  Matt Penman (doubl bass)
  Obed Calvaire (ds)

  Recorded at Systems Two Studio, Brooklyn/NYC
  with Rich Lamb and at Jazznova Recording Studio, Berlin with Axel Reinemer
  CMN14005 (Contemplate 360) 2014

  01. Precious Silens
  02. Snow Coloured Streets
                     03. Sharing My Heart
                     04. Gotta Miss Someone
                     05. Fly Now
                     06. All is Well
                     07. Watching the Moon (Intro)
                     08. Watching the Moon
                     09. Stay Awake
                     10. Fly Now - Reflection
                     11. DoN't Ask Love

Olivia Trummer はドイツのピアニスト。デビュー当時は、大きな可能性も感じ惹かれたピアニストだったこともあり、このブログではカテゴリー
"ピアノ" の一発目の記事にしたほどだった。
このデビュー作(Nach Norden)そして第2作(Westwind)と順調な歩みを見せていた彼女でしたが、3作目(Nobody Knows)では、ヴォーカルも数曲歌う
など、それまでの方向性とは、大きな変化を見せた。変化を見せること自体は、進化の過程ではつきものでもあり全く問題ないのだが、音楽の魅力が薄れて
しまったこと、そこが問題なのである。
そんなことで、それ以来彼女のアルバムからは遠ざかっていたのだが、かつてはピアニストとして大きな可能性も感じていた才能、今回、NYに乗り込んで、
そうそうたるメンバーを従えての録音ということで、現在の状態も確認すべく久しぶりの対面となったしだい。

一通り聴いてみれば、内容はピアニストとしてデビューし、惹かれた当時の音楽とはだいぶ違い、1曲を除いて全てボーカル入り、しかもそのインスト曲も
プレイしているのは得意のピアノではなくwurlyあるいはorganといったところ、内容的には完全にボーカルアルバムといった変身を見せている。
そのボーカルに関しては、3作目(Nobody Knows)で初めて聴いた彼女のボーカルからは、進化が感じられ、その表現力もアップしており、元々ピアニスト
だったこともあるのか、自身の声を楽器として扱うかのようなボーカルには、個性とともに巧みなものも感じられ、彼女にとって新しい世界を築きつつある
との印象も持った。

そんなボーカルでも光るものが感じ取れる彼女だが、あの繊細さと大胆さを持つピアニスト Olivia Trummerが聴けなくなってしまうのはさびしい。
本作でも、歌の合間に入るビアノのちょっとしたソロなどを聴いても、私としては、やはりそちらで生きるべき才能と思うのだが..................何分、本人が
決める道なのでどうにもならんのだが、おそらく彼女自身もいろいろ可能性を探っているといったところなのだろうか。
これだけのメンバーを集めて、Kurtさえも彼女を支える存在にしてしまい、中心で存在感を放つOlivia Trummerという才能は、やはり何かを持っている。
もし彼女がピアニストとしてガチで勝負していたら、きっとすごいことになったんだろうなぁ.............などと、どうしても想像してしまうのだ。

JAZZ-piano 83
Olivia Trummer

Category: Gallery > Photo  

201412-1

                 

Gallery-photo-86

1
2
4
5
7
8
10
12
14
16
18
19
21
22
24
26
28
29
31
> < 12