FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by 03 2014

Category: organ (第2期)  

George Colligan's Mad Science / Realization

  George Colligan (Hammond B3 organ, computer synthesizers)
  Tom Guarna (g)
  Rodney Holmes (ds)

  Recorded at Astoria Soundworks, New York, September 2004
  SJL1030 (Sirocco) 2005

  01. Grounded
  02. Snidely Whiplash
  03. Realization
  04. Oblivion
                     05. Blue Box
                     06. Human Need
                     07. Utopian Struggle
                     08. Muse
                     09. Remainder
                     10. Goblet of Roc

本作は、リリース当時、買い逃してしまい、そのままになってましたが、最近になってやっとゲットしたものです。
内容は、Guarna曲、Holmes曲各1の他は全てColliganの手による全10曲。

一聴してみると、ある程度予想してはいたものの、ここまで全て非4ビートのハード・テクニカル・フュージョン色全開とは思っていなかった。
そのこと自体は、雑食傾向もある私ですので何の問題もないのだが、全作とはいかないまでも、ここ10年ほどのColligan の状況やらBS & T出身とは言え、
2000年代半ばぐらいからの正統派ジャズギタリストとしてイメージが定着していた感もあるGuarnaの状況もよく知っていたので、この彼らからは聴いた
ことのない全く別人とも思えるようなフレーズを畳み掛けるように連発してくる彼らの広い対応力には感心してしまう。
エフェクトをきかせてHoldsworthばりに切り込むギターは、正統派Guarnaしか知らない人には、別人にしか聴こえないだろう。ちょうど1年ほど前の録音
で同じオルガントリオとなるGuarnaのリーダー作 "Get Together" が記事化してあるが、それとの違いにはおどろく。
Guarnaは、最新作"Rush"では、正統派ではない面を出してきているなど、その変化が楽しみにもなるギタリストだ。

この展開で水を得た魚のごとくイキイキしているのが Rodney Holmes、乱れ打ち連発でハマってます。なるほど、このためのHolmesの指名、納得です!

Colliganのオルガンも、彼の知らない面が聴けたことは、私的には成果です。このいろいろな形で勝負できる感性、オルガンももっとやってほしいですねぇ。

JAZZ-organ 149 amazon quick link
George Colligan

スポンサーサイト



1
3
4
6
7
9
10
11
14
16
18
20
30
> < 03