FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by 09 2013

Category: guitar (第2期)  

Marc Ducret / Le Kodo

Le Kodo  Marc Ducret (g. fretless g)
  Larry Schneider (sax)
  Michel Benita (b)
  Adam Nussbaum (ds)

  Recorded December 8-12, 1988, Studio Charles Cros
  LBLC 6519 (LABEL BLEU) 1989

  01. Le Kodo
  02. Bribes
                    03. Helas
                    04. Courage
                    05. You and Me and You
                    06. La Fee Qui Rend Les Filles Belles
                    07. Soft Leg
                    08. Quelquefois

内容は、Ducret曲5、Benita曲1、Schneider曲1、他1の全8曲。
音楽は、前回記事とした前年作の"La Theorie du Pilier(Rec.1987" 同様、明るさとともに爽やかさも漂うなど、やはり悪魔の影響はまだ出ていないと感じ
られるものとなっているが、Larry Schneider参加の影響からか、前作以上に明るく清々しい質感に溢れており、現在のDucretのダークな音楽とのギャップ
に驚かされる。
Ducretは、ちょうど同時期に逆にLarry Schneiderのリーダー作 "So Easy(LBLC6516)" にも参加しており、やはり本作同様Schneiderの時にフォーキー
な匂いも漂うという見通しの良い質感の音楽の中で、彼の奥底に潜むダーク、ダーティーといった暗部を感じさせないようなプレイぶりは、この後に訪れる
狂気の時代を控え、嵐の前の静けさといったところか。

この時期、現在と比べれば比較的抑えたプレイぶりのDucretだが、その潜在能力にはやはり際立ったものを感じる。

JAZZ-guitar 83 amazon quick link
Marc Ducret

スポンサーサイト



1
2
4
6
8
9
11
12
14
15
17
18
20
22
23
25
27
29
30
> < 09