FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by 03 2013

Category: Gallery > Photo  

Spring is Nearly Here

  
           
                                                         katakuri

Gallery-photo-8

スポンサーサイト



Category: organ (第2期)  

Georges Arvanitas / Orgue Hammond

Orgue Hammond  Georges Arvanitas (org)
  Jean-Claude Oliver (g)
  Jacky Samson (b)
  Charles Saudrais (ds)

  Recorded 1987 (CARRERE CA 96.452)

  01. Moanin'
  02. Cry Me A River
  03. Misty
  04. How Insensitive
                     05. Bluesette
                     06. The Man I Love
                     07. Trois Trois Deux Blues
                     08. Triste
                     09. Lyon's Blues
                     10. Satin Doll
                     11. Please Bossa
                     12. Tenderly
                     13. Twistiti
                     14. The Girl From Ipanema
                     15. Mood Indigo
                     16. Stranger In Paradise
                     17. Blues For Joe
                     18. Mack The Knife

ビアニストとして知られたフランスの Georges Arvanitas(B1931)は、エディット・ピアフの歌伴などスタジオ・ミュージシャンとしても多く活動してお
り、そんな折、オルガンも扱うこともあったが、オルガニストとしても数枚のアルバムを残している。そんな数少ない彼のオルガン作でも代表作と言ってよ
いアルバムである。

印象としては、おなじみのジャズ・スタンダードを中心として、あくまでアクなくクセなくサラリと品よくサバいてるといった感じで、一般的にオルガンに
求められがちなコッテリ、ブルージーといったものを期待すると裏切られる。

本職のオルガニストではないということで、負担の多い左手のベースは避け、専門のベース奏者を入れた編成としており、全体に右手のつくりだす端正なラ
インにフランスらしいオシャレ感とともに趣味の良さは感じられるのだが、ベースラインから解放された左手をより有効に生かせたなら、グループのサウン
ドにも厚みと魅力が増したのではないだろうか。

BGMとしては高品質だが、面と向かって聴くには物足りないといったような中途半端さとともに、やはりピアニストが演じた片手間感は拭えない。

JAZZ-organ 125 amazon quick link
Georges Arvanitas

2
4
5
7
9
11
12
14
15
17
18
19
21
22
23
25
26
28
29
31
> < 03