FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by 11 2010

Category: piano (第3期)  

Alan Pasqua - "Bulgaria"

前回記事では、珍しくHammond OrganをプレイするAlan Pasquaをターゲットと
しましたが、彼はNew LifetimeやHoldsworth(g)絡みのプロジェクトでのkeyboard
プレイで見せる感性、近いところではPeter Erskine(ds)などが絡んだpianoプレイで
のEvans~Keithに通じる感性、その他ポップス系、映画音楽など、その多様な側面を
見せてくれます。
こういった多面性は、素直に多才として受取られない場合も多く、逆に一本スジが通
っていない、どっちつかず、自分がない、器用貧乏.................等々マイナスイメージ
として受取られることも多いのは非常に残念なことです。
Jazzはこんな形でなければ、と決めつけてしまったところに、進化は望めません。
そもそもJazzとは、自由な音楽であったはずです。

Alan Pasqua関連でアルバム "Tracy Todd" (別頁あり)もありますので参考まで。


Bulgaria-Alan Pasqua(p) Peter Erskine(ds) etc.


JAZZ-piano 28 amazon quick link
Alan Pasqua

スポンサーサイト



1
3
6
7
9
11
12
14
15
16
19
21
22
24
25
27
28
30
> < 11