FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by 11 2010

Category: piano (第3期)  

Tokka / Kantonen-Herrala-Hassinen

Tokka-2.jpg

Seppo Kantonen (p)
Ville Herrala (b)
Mikko Hassinen (ds)
2009 Impala Records (IMPALA 017)

1.Hillcape
2.Hell Boy
3.Tokka
4.8.1.
5.Rumputus
6.Ota-ota
7.Hall of Puritans
8.La Barca

Seppo Kantonen(セッポ・カントネン B1963)は、フィンランドのピアニスト、各種キ
ーボードでの先鋭性に富んだプレイも多く、私的要注目の存在。NAXOSレーベルなどに
もリーダー作を残している。本作は、フィンランドの俊英3人が結集しての意欲作である。

私が初めて彼のピアノに出会ったのは、スウェーデン出身で現在ヘルシンキ在住という
ヴォーカリスト Emma Larssonのアルバム "Irie Butterfles" (Rec.2006)。
その滅多に出会えるとも思えないピアノが非常に気になり、機会があれば是非リーダー
アルバムを、そしてできればトリオぐらいの編成のものを聴いてみたいと思っていたの
ですが、念願叶ってやっと出会うことができたのが今回の本作です。

結論から言えば、Larssonの歌伴から期待していたイメージ、それを裏切らない期待以上
のピアノに、驚きとともに、ある種、一時の達成感を覚えました。
すべては、こういう出会いを求めての旅だったわけですから。

よく北欧系のピアニストに使われる「硬質」そして「透明感」といった形容詞、この
Kantonenのピアノにも、もろに当てはまります。しかしながらこのピアニストに限って
は、その硬質、透明感といった感覚も、他では感じ得ないような尋常でないものがあり、
その2つの形容詞の前にさらに「究極の」といった形容詞を付けてみたくなります。
また、よく「叙情性」といった表現が使われますが、その辺になると、だんだんこのピア
ニストのイメージからは、遊離したものになっていってしまいます。彼のピアノには、情
に流されることなく、冷たいとも思えるが、ブレの無い意志の強さが感じられ、そんなと
ころも惹かれるところでしょうか。
微塵の甘さもない機動性に富んだこのピアノは、温度感の無い青白い炎とともに、終始
緊張感を持続させながらも、あくまでクールにそして激しく燃え上がり、そこに展開され
たJazzは、3者の絡みも緊密で、非常に高密度である。
鋭いキレ味を見せる氷の刃を持ちながらも、その技を完全に感性のコントロール下におい
ているpianist、なかなか出会えない存在です。

JAZZ-piano 27

スポンサーサイト



1
3
6
7
9
11
12
14
15
16
19
21
22
24
25
27
28
30
> < 11