前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by 07 2010

Category: organ (第2期)  

Metheny & Brecker Special 4 Live at North Sea Jazz Fes. 2000

Michael Brecker (ts)
Pat Metheny (g)
Larry Goldings (org)
Bill Stewart (ds)

前回記事の "Time is of The Essence / Michael Brecker" 以降、Breckerは、短い期間
ですが、dsをBill Stewartにして、同一メンバーでの活動をしていました。
このMovieは、このアルバム録音の翌2000年、North Sea Jazz Festivalに出演した時の
様子で、曲は "Slings and Arrows" (画面に上記アルバムにも入っている曲 "Half Past Late"
の曲名が表示されますが、間違いだと思います)。
Goldingsは、自身がリーダーの時より、こういった高い能力を持ったプレイヤーのサイド
メンにまわった時の方が厳しいプレイをして好結果を残す傾向があります。



JAZZ-organ 34

スポンサーサイト
Category: organ (第2期)  

Time is of The Essence / Michael Brecker

Time is of The Essence

Michael Brecker (ts)
Pat Metheny (g)
Larry Goldings (org)
Elvin Jones (ds) 1, 4, 9
Jeff "Tain" Watts (ds) 2, 5, 7
Bill Stewart (ds) 3, 6, 8, 10
Recorded 1999
MVCI-24017 (GRF Records)
 
1. Arc of The Pendulum
2. Sound Off
3. Half Past Late
4. Timeline
5. The Morning of This Night
6. Renaissance Man
7. Dr. Slate
8. As I am
9. Outrance
10. Lunations

本作は、Michael Brecker (B1949~2007) のアルバムではあるが、Larry Goldings
(B1968)をターゲットとしての購入。
このアルバムは、リーダーでもあるBreckerの絶頂期と言ってもよい時期の作品であること、
双頭バンドと言ってもいいほどMethenyのカラーも強く出ているなどで、そちらの側から
語られることの多かった作品ですが、同じような見方をした記事にしても意味がありません
ので、当ブログとしては、あくまで organist として参加している Larry Goldings あるいは、
organ という楽器を通してこのアルバムを考えてみたい。また、そういう見方をしなければ
いけない位置づけにあるアルバムとも考えている。

Jimmy Smithデビュー以来、半世紀近く経ってもその呪縛から抜け出せず停滞ぎみという
世紀末のorgan界。60年代 Innovator Larry Young の出現により一度は希望の光も見えたが
30代でのYoungの早過ぎる死により、その光もいつのまにか消えてしまった。
そんな低迷した状況下、次代の感性を持ったLarry GoldingsというOrganistが、その持てる
能力を初めて見せ、来るべき21世紀のorganのあり方らしきものを、ほんのちょっとだけ見せ
てくれたというのが本作であり、organという楽器を通して見れば、大きな意味のある一枚で
あったように思う。

当時、Goldingsとは、ポジション的に近いSam Yahel, Gary Versaceなどは、まだまだこれ
からという時期でもあり、この役をこなせたのも感性面から見ればGoldingsぐらいであった
ろう。逆に見れば、それぐらいorgan界というのは、他楽器の世界と比してマイナーであり、
人材面でも貧しい世界であったということであろうか。

本作でのGoldingsは、次代に繋がる感性を発散させているという点で、あたかも何かが乗り
移ったかのようなキレを見せている。10年程前の世紀の変わり目頃、本盤を初めて聴いた私
は、やっとorganの話をする時、Jimmy Smith の名を出さないでも済む時代が来たと思った
ものである。Larry Young の早過ぎる死により、一度は消えたかに思えた炎を再び蘇らせた
という意味も含めorganの歴史を考えれば、それぐらい大きな意味を持つ一枚であったと理解
している。
後に、Sam Yahel(org)参加、Jesse Van Ruller(g)のアルバム "Circles" (2002年作) の中の
JesseのオリジナルT8 "Secret Champ" は、本作のT6 "Renaissance Man" を完全に意識し
た曲構成、イメージになっており、その辺からも本作の影響力を知ることができる。ds担当
が本作と同じBill Stewartというのも興味深いところである。

Larry Goldingsに関しては、本作以降現在までの約10年を、振り返れば、途中Bill Stewartの
アルバム"Keynote Speakers" において多少の新しい感性を披露してくれたが、その他、目立
った進化はなく、本作のプレイを考えれば、非常に物足りない10年であったとの思いを抱いて
しまう。年齢的には、まだ可能性を十分残しているという年でもあるので、ぜひがんばってほ
しい。

organ中心に話を進めてしまったが、Coltraneの影響も顕著なBreckerと、かつてColtrane
と共に多くの時間を過ごして来たElvinとの対峙という点で、Elvinのネバつくように激しく
煽りたてるドラミングに、真っ向からぶつかっていくBreckerのテナーの激しいブロウが
印象的なT9 "Outrance" 、そして随所でいいソロをとっているMethenyなど聴き所満載の
一枚でもある。

JAZZ-organ 33 amazon quick link
Larry Goldings

Category: guitar (第2期)  

Marc Ducret ArteScienza 2009

前回記事のMarc Ducretに関し、補足資料として、隔年で開催されるArteScienza
フェスティバルにおける2009年の彼のソロ・ギター・パフォーマンスによる動画を
UPしておきます。
ほんの一面ですが、彼を知る上で動画というのも極めて有効な手段と考えます。

従って、今後もUPしたCD、DVD他の記事に関連したものを中心に、当ブログの
資料としての充実を計るため、積極的に動画他の情報も取り入れていく考えです。

ということで、Ducret のクネクネ、ウネウネと変態チックなギター・ソロをお楽し
みください。



JAZZ-guitar 10

Category: guitar (第2期)  

Live / Marc Ducret Trio

Ducret Live-1 Ducret Live-2

Marc Ducret (g)
Bruno Chevillon (b)
Eric Echampard (ds)
自主制作盤

1.Lannexe (17:40)
2.Une Scene Surtout Se Reproduisait Chaque Jour (8:00)
3.Dialecte (21:07)

本盤リリースは2005年。自主制作ライブCDということで、これもまことにDucret
らしいというか 詳しいクレジットは一切なく、録音年は不明だが、収録曲、メンバー
などの状況から2000~2004年と思われます。
内容とは、直接関係ないかもしれないが、ジャケットも自主制作ということで、裏面
は手作りコラージュで3~4種あったように記憶しているという本盤ですが、欧米でも
店頭流通はなく、今となっては貴重な音源と言えるかもしれません。
Marc Ducretは、このブログでも度々登場しており、下記別頁ありますのでご参考まで。
"Liberte Surveillee", "My Man in Sydney", "In the Grass".

さて本盤の内容ですが、Liveということもあり上記クレジットのように長尺曲が入り、
収録曲は3曲。

曲者揃いのこのトリオは、究極のインプロヴァイズ・ギター・トリオという紹介の仕方
が的を射ているかもしれません。こういった瞬間芸命のユニットがLive盤で聴けるという
のは、まことにありがたい。
3者のプレイは、有機的に絡み合いながらも、緩急を取り入れた変幻自在な展開の中で、
安易な予定調和は一切無く、ウッドベースでヘヴィーグルーヴの土台をつくるChevillon、
たたみ掛けるように煽るEchampardのds、あらゆるスタイルを吸収し、自在な展開を見
せるDucretのg、3者が個を際立たせながらも、互いの仕掛けに瞬時に反応し合い共生の
空間を構築していくという音の製造工程は、スリリング極まりない。

3者によって創られた空間は、一切の情感を排したかのように無機質で温度感がない。
昔、アラン・ドロンが映画「サムライ」で見せた殺し屋が、一切の私情を挟むことなく
無表情に確実に仕事をこなすシーンが一瞬、頭をよぎった。
彼らの透徹した美学を感じる一枚!

JAZZ-guitar 9

Category: 未分類  

Melodicaで遊ぶ!

ブログのお仲間 criss さんのところでリコーダーでJazzを演っている動画がUPされているのを
見て、いい刺激をもらいました。
リコーダーと同じく日本では、小学校の音楽教育用としてよく使われる鍵盤ハーモニカ (ピア
ニカ、メロディカは商品名) ですが、身近にある楽器として馴染みがありますねぇ。
子供の楽器などとバカにしてはいけません。これが結構我々にとってもいいおもちゃになるん
です。通常のハーモニカと同じく、薄い金属プレートを振動させて音を出す仕組みなので、音
そのものはハーモニカですが、機種によっては、ハーモニカのように空気漏れが少なく、吹き
込む息が効率良く使えるため、より力強い音も出せるので、アコーディオンのような音の表情
を付けることも可能です。


YouTubeにMelodicaで遊んでるおっちゃんの動画がありましたのでUPしておきます。
結構モーダルに攻めて、本人は楽しんでいるようです(笑)。




こちらは、OrganistのTony Monacoですが、さすがプロ、いい雰囲気出してます。




これは、我が愛器、SUZUKI PRO-37。気分が乗れば速いパッセージも飛び出します(笑)。
以前、山中千尋さんのライブで彼女がピアニカをプレイしたのを聴いたことがありますが
さすがの表現力にこの楽器の可能性も感じとることができました。

SUZUKI PRO-37

未分類-1

Category: sax (第2期)  

True Ballads / Archie Shepp

True Ballads

Archie Shepp (ts)
John Hicks (p)
George Mraz (b)
Idris Muhammd (ds)
Recorded December 7th, 1996 in New York.
 
Sheppは第1期sax期にも、フリー・ジャズの闘士として活動していたころのアルバムを
いろいろ聴いており、お気に入りのtenorマンでもあった。
90年代に入り再会したSheppは、だいぶ穏やかになった印象はあったが、以前、前衛scene
の真っただ中でやっていた頃から、時折こんな匂いは漂わせていたので、そんなに驚くこと
もなかった。また、そんな所があったからこそ、お気に入りのtenorマンであったと言える
かもしれない。

ねっとりするほどのアクの強い個性で、好みもはっきり分かれるSheppだが、Jazz Manたる
もの個性があってナンボの世界である。強い個性で敵が多いことは、りっぱなJazz Manの証
でもある。

ということで、第2期sax期に入り、数枚のShepp盤を聴いた後、たどり着いたのが本アルバム
です。ドスの効いた凄みすら感じるテナーの背後には、全編に渡り、絶えず深い哀感が流れて
おり、まずこれにヤラれます。tenor balladのアルバムとして陰影に富んだ誠に魅力ある一枚
になっています。私にとっては、まさに泣きの一枚です。控えめに寄り添うJohn Hicksの坦々
としたpianoもいいですね。
Sheppは、時折ハッタリをかますかのようにフリーキーなトーンを発しますが、この絶妙な
タイミングでハッタリをかまし、相手をダマらせるのも、Shepp一流の話術ということでしょ
う。ひたすら我が道を行く、One and Onlyの愛すべきtenorおやじです。

JAZZ-sax 9 amazon quick link
Archie Shepp

Category: piano (第3期)  

Match-Ball / Borja Cao

Borja Cao

Borja Cao (p)
Juan Canada (b)
Maz Gomez (ds)
Recorded on 5th May 2009 at the Teatro Principal de Santiago de Compostela 
AR-15-CD (Spanish Audia)

普段あまり記事にすることもなく、ちょうどよい機会なので、これまで何度かサッカー
W Cup関連国のJazzを取り上げてみましたが、今回は優勝国がスペインということで
スペインのJazzを取り上げてみようと思います。
スペイン関連では、過去 Mauri Sanchis (org), Inaki Sandoval (p), Miguel Angel
Chastang (b)....他、いろいろとCD入手歴はあるののですが、残念なことに、
お気に入りとなるようなミュージシャンとのいい出会いはありませんでした。しかし
これは、一般的に言うところのJazzという狭いカテゴリーでのことで、他分野にはすば
らしいミュージシャンがいます。

とは言っても、流れとしてスベインのJazzを取り上げることになってしまったので、私として
は、スペイン関連の購入盤としては最も新しいピアノのBorja Caoを今回のテーマにしてみま
す。この盤は、全10曲、Borja Cao のオリジナルという内容ですが、正直なところあまりいい
印象を持っていません。購入後、一度聴いて、何もなくそれ以来聴いたことがないという聴か
ずの一枚となっていました。
今回、いい機会なので、記事にすべくあらためて聴いてみましたが、はっきり言って感ずる
ところ何もありません。残念です。
ブログ方針として、不快に感ずる方もいらっしゃるので、過度の否定的内容に関しては記事に
しないという一応の方針がありますので、内容については、これ以上書くと否定的な事柄が、
大量に出てしまいますので、これまでにさせていただきます。この辺でご判断いただきたい。
ということでサッカー関連企画は、見事失敗してしまいました。やらなきゃよかった!

W Cupで見せてくれた、瞬時の創造的すばらしいアイデアを持つスペインのサッカー、Jazz
でも見せてほしい。頼むよ!

JAZZ-piano 17  

Category: piano (第3期)  

Island Sceneries / Troja



Peter Zihlmann (p)
Patrick Sommer (b)
Tobias Friedli (ds)
Recorded May 17 & 18, 2007 at DRS radio studio2 Zurich
200728-2 (Brambus)

Troja は2003年結成、ピアノのPeter Zihlmann(B1977)率いるグループ。活動の拠点は、
Zurich。
スイスというと、このブログでも以前取り上げた "Marc Perrenoud" や 自身の FM Trio
あるいは Jalazz での活動でおなじみの "Fabian Mueller" など小国ながらも以外と若手の
有能な Musician が多く活動している地域であり、また "Kind of Blue" など高品質の録音
としっかりしたポリシーを持つレーベルの存在する国として好印象を持っている。

さて本盤の内容だが、全てZihlmannの自作という全9曲。

ジャケットの寂しげな島の風景をイメージさせるような哀愁漂うピアノである。
ダークな方向に指向のある私にとっては、哀愁は嫌いではない。むしろ好みといっても
いいのだが、いたずらに物悲しげなメロディーで意図的に煽られると興ざめになってしまう。
安っぽい哀愁は苦手だ。
本作も多少その傾向があり、ギリギリのところで踏みとどまってくれたら、お気に入りの
一枚となっていたことだろうが、残念ながら私の感性では、ちょっとだけ過ぎてしまった
と思わせるところがあるようだ。
このある一線を境にギリギリのところで勝負するという、生死がはっきりする生き方は
ある意味清いし、決まれば、その美も特別な輝きを持ったものになる。
今回は Zihlmann もそのカケにちょっとだけ失敗してしまったと私的には、受取りましたが、
決して悲観することはない。
本作録音時30才という年令を考えれば、意欲を持ってチャレンジし続ければ、きっといい
結果がついてくると思う。
メロディーの美しさを大切にしたいという意志が見える彼のピアノは暗い感性が持ち味だが
その未来は明るいものがある。

JAZZ-piano 16 amazon quick link
Troja

Category: organ (第2期)  

Multicolor Feeling Fanfare / Eddy Louiss

  Eddy Louiss (org)
  Dominique Pifarely (violin)
  Daniel Huck (as)
  Xavier Cobo (ts)
  Jean-Louis Pommier (tb)
  Richard Galliano (accordion)
  Francois Couturier (synth)
  Paul Breslin (g, voc)
  Marc-Michel le Bevillon (b)
  Francois Laizeau (ds)
                    Abdou M'boup (perc)
                    Fanfare (about 50 piece barss band)

                    all music arranged by Eddy Louiss
                    Recorded October 1988 - February 1989, Paris NTCD105(Nocturne)

                    01. Paris(a. Notre-Dame b. L 'Obelisque c. Le Quartier Latin)
                    02. Jardin D 'Hiver
                    03. Irish Coffee
                    04. Somewhere Somehow
                    05. Histoire De Fou
                    06. Eddy
                    07. Le Chemin
                    08. Come On D.H !
                    09. La Marche Du Fou Blanc
                    10. Melancolie
                    11. La Lichere

Eddy Louiss(B1941)は、私の第2期organ期の初期段階でその推進力ともなった、重要な存在。言わば師匠であり、このブログ初めの頃、下記など度々登場
してもらっている。
"Dynasty"  "HLP" "Face to Face"

父親が゛カリブ海はマルチニック島出身という血のせいもあるのであろうか、彼の音楽には多彩な音楽要素が混在し、その多面性が特徴ともなっているが、
それがために一部に際物的見方をされるなど正当な評価を受けないこともあるLouissは、77年、アフリカ旅行から帰り、思うところあったようで、それ以来
パリを離れ田舎暮らしが続いているようだ。
80年代後半に入り、枠にとらわれない、いろんな要素の混在する "Multicolor Feeling"というグループを結成する。本作は、多面的側面を特徴とするLouissの、
この時期における集大成とも言えるアルバム。
総勢50人を超える大編成のバンドを操り、多彩な要素の詰まった、まさにマルチ・カラーな、おおらかでスケールの大きなJazzを展開している。そこには、
音楽は肌の色とは関係ないという人間賛歌の彼の思いが込められているのであろう。
Eddy Louissの歴史の中では、はずせない一枚。


                  Multicolor-2.jpg

JAZZ-organ 32 amazon quick link
Eddy Louiss

Category: organ (第2期)  

Shakill's Warrior / David Murray

Shahills Warrior

  David Murray (sax)
  Don Pullen (organ)
  Stanley Franks (g)
  Andrew Cyrille (ds)


  Recorded March 1 & 2, 1991


In the Spirit

このアルバム購入は、世紀末の頃であったろうか。David Murrayのアルバムではあるが、ターゲットは Don Pullenのorgan。
そして本アルバム中の1曲 "In the Spirit" が、以後、私をorganに走らせた張本人でもある。
1曲との出会いが、その後の流れを大きく変えてしまうことがあるが、まさに私にとっては、この曲との出会いが無ければ、今の流れも全く違ったものに
なっていたことだろう。
Jazz突入期の頃、それまでBlues少年であった私は、馴染みのあったguitar, organを集中的に聴きましたが、organに関しては、それまでの流れもあり、
当然のように黒っぽいものばかりを好んで聴いたというのが第一期organ期です。
このBluesを通過してきて、その感覚が奥深く染み込んでいたことが、Jazzの世界に入ってきて、いろいろな影響が出てくることになりますが、その辺の
ことは"piano編プロローグ"でも少し述べております。
楽器ごとに集中してしまう癖のあった私は、その後tenor sax、pianoなど、さまざまな時期を経て、出会ったこの曲が再びorganの魅力を思い出させて
しまうことになったのです。
この曲は、スピリチュアルなイメージを持つバラードです。この曲でのPullenのソロは、キータッチの生々しい音も収められており、ロータリースピーカー
による音のウネリ感などhammond organという楽器の魅力を実によく引き出しており、私に、もう一度organを聴いてみようかなどというアブナイ気を
起こさせてしまったのです。
これをきっかけとして、遠い記憶にあったカミソリの切れ味を持つEddy Louissのorganに走り.......後は、ご覧の通り10年の時を経た現在も
この世界から足を洗ええません。

JAZZ-organ 31 amazon quick link
David Murray

1
3
4
6
7
8
9
11
12
14
15
17
18
19
20
22
23
26
27
28
30
> < 07