前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort by未分類

Category: 未分類  

塩辛

            

毎年、寒い時期になると、つくりたくなるのがこれ。
塩辛なんて、わざわざ作らんでも、瓶詰めや袋詰めで、いくらでも売ってるじゃねえかと思われるかもしれないが、
あれは、各種調味料やら増粘剤、発色剤................など諸々の添加物が入り、本来の塩辛の味とは、ほど遠いというのがほとんど。
まあ、その辺、関心おありの向きは、一度、まぎれもの無しの手作り塩辛をお試しあれ。
塩辛づくりはイカの鮮度が命、なので当然のことながら刺身でも食べられる鮮度が基本なのだが、魚市場の近くにいるわけでもないので、 条件を満足した
イカに出会うことも、そう多くはない。
今回は、この時期、ちょうどおあつらえ向きのイカに出会ったので、早速、塩辛に加工してみた。
一冬に2~3回はやるという、毎年恒例のシゴトである。

作業はポイントを押さえれば、至ってシンプル。
ワタの部分を壊さないように取り出し、塩で覆う(塩の衣を着せる感じ)ようにして、タッパーなどに入れ、一晩寝かしておく。
このワタの良し悪しが最終的な味につながる大きなウェイトを占めているところなので、購入時には気をつけたいところだが、 内蔵部なので、当然、外から
は見えない。大きく、しっかりしていて、色も良いものを選びたいが、この辺は、何度か経験するうちに、つかんで ゆくしかないでしょう。
身の部分は、表面の薄皮を剥ぎ、食べやすい大きさにカット。この時、気をつけるのがアニサキス(寄生虫)、これは身に食い込んでいるので、 見つけやすい
ので、必ずチェックし、もしいたら取ればよい。(これを食べてしまうとめんどうなことになるので注意!)
カットした身と、一晩塩漬けで寝かしたワタの中身、適量の塩(精製塩ではなく、不純物が入った塩の方が旨い)を混ぜ、1日1回は、よく混ぜる ようにして、
3~4日ぐらいが、塩味の尖り感もとれてまろやかになり、味が落ち着く、でも、この辺の食べごろは、好みしだいだね。
バリエーションとして、鷹の爪を入れてピリカラ感を出したり、日本酒や麹を加えてまろやかにしたり、ゆずの皮で爽やか感を出したり...............
まあ、その辺はアイデアしだいというところでしょう。
今回は、基本中の基本、塩のみで、キメてみた。

酒の肴に良し、ごはんの友として、キムチ風に漬け物の具材としての利用、またアンチョビ代わりにパスタ料理に使うなどの変化球もアイデア しだいで
広がる。
まずは、これを肴にチビチビ飲って、今年の出来をチェックしてみたい。先人の知恵から生まれた日本の伝統食に感謝そして乾杯!

未分類-12
スポンサーサイト
Category: 未分類  

フリーズドライ食品を試す!

ひょんなことからフリーズドライ食品を試すことになった。
試すといっても、現状を分析して、その未来に向かってのフリーズドライ食品の可能性を探るといったそんな大げさなことでもないのだが、
これだけ試すとなるとちょっとした大シゴトだ。
毎日試すのもちょっと何だしなぁ...................まあ、ぼちぼち食ってみる。
既にいくつか試してみたのだが、なかなかいい塩梅だ。
レトルト食品だと、缶詰製品同様にやっぱり特有のレトルト臭といったものが感じられるものだが、
このフリーズドライ製品は、その辺あまりクセが感じられないというのが好印象。フリーズドライ加工する前の調理した状態が結構いい状態で
再現されるといった感じだ。
しかも、フリーズドライ加工されることにより脱水乾燥された食品は、驚くほど小さく軽くなるという強力なメリットができる。
このメリットの部分が、ユーザーにとっては、持ち運び、保存といった面でその用途に大きな広がりもイメージできるし、メーカーにとっても
在庫管理や輸送面での大幅なコスト削減も期待できる、それにフリーズドライ化とは無縁の食品は世界中にまだまだ無限にあり、フリーズドライ化
することによりその使い方などフリーズドライだからこその新たな道が見えてくる食品も山ほどある。
う〜む、フリーズドライ食品の可能性は極めて大きそうだ。まあ、やり方、アイデアしだいだけどね.......................................。

こんなこと言ってると
「おめえフリーズドライ食品業界の回しもんかぁ?、しこたま貰ったんじゃねえのか?、それとも何か裏でもあんのか?」....................などと、
あらぬ事も言われそうですが、んなこたぁありません。

             amano-1.jpg
             amano-2.jpg

写真のアマノフーズのフリーズドライ食品売り場は → ここポチっと

未分類-11
Category: 未分類  

PC用メガネをチェックする

               

               近年、LEDディスブレイの普及に伴い、そこから発せられるブルーライト、つまり可視光
               線の中でも最もエネルギーが強く、眼の奥の網膜にまで届いてしまい、眼精疲労を招くと
               考えられている青色光(380〜495ナノメートル)のことですが、これによりこのブルーラ
               イトに接する機会の多い人は、眼に与える影響も懸念されており、長年これに接すること
               による人体への影響など詳しいデータも無いというのが現状です。

               特にPCに接する時間の多い人にとっては、実際、長時間接することによる眼の疲労他、具
               体的症状もあると思いますので、非常に気になるところです。

               そこでメガネメーカーのJiNSやZoffから発売され、最近話題になることも多い、このブル
               ーライトをカットしてくれるPC用メガネを実際に使ってみました。
               このPCメガネは現在、数社から出ているようですが、内容的には大きな差は無いようで
               す。度なしのスタンダードなものは、グラスにやや色が付いており、ブルーライトのカッ
               ト率は約50%、後発となった無色グラスのものは、ブルーライトカット率が、やや落ち
               30%台になるようです。実際に見てみると、この色付グラスも、見えに大きな影響が出
               るという程でもなく、眼を保護する目的であれば、ブルーライトカット率の高い方を選ぶ
               べきと思います。
               当初は無かった、度付対応のバージョンも出ていますので、普段からメガネを使っている
               方も問題はなさそうです。

               さて、試しに使ってみたのは、"JiNS PC" のスタンダードなもの。
               実際に一月ほど使った結果ですが、以前、裸眼で見ていた時よりも眼は楽になったという
               感覚はあります。
               もちろん、これは測定機器などを使って数値としてデータがあるわけではなく、あくまで
               感覚の部分でしか言えませんが、眼の疲労感は軽減されていると実感できるものでした。

               この辺は、読者の方の判断にお任せするしかありませんが、特にPCに接する時間の多い
               方は、このブルーライトの影響は、まだ研究段階であり、必ずしも危険なものとは言い切
               れませんが、長年接することによる将来の影響もはっきりしないという現在、何らかの対
               策を講じてもいいのかもしれません。
               ただ、メガネをかけていれば大丈夫というのではなく、実際PC作業などにより目の疲れ
               を感じているならば、まずは目を休ませたり、正しい姿勢を保つといった基本が大切であ
               り、このメガネも眼精疲労を予防するための心がけの一つとして考えてみてはいかがでし
               ょうか。

               JiNS-2.jpg

未分類-10

Category: 未分類  

"Blues for Klook" でラストを決めた!

フィギュアスケート国別対抗戦 2012

我が師 Eddy Louissの "Blues for Klook"を今シーズンのフリーテーマ曲として選んだ
高橋大輔選手が、フィギュアスケート国別対抗戦 2012においてシーズン最後の滑りを
見せてくれた。
シーズン当初は、曲と滑りが遊離している感もあり、Louissのファンとしては、何とな
く心落ち着かないヒヤヒヤ感を味わいながら見ていたものだが、今日のシーズンラスト
となるフリーは、まさにラストを飾るにふさわしい見事な出来だったと思う。
このフィギュアスケーティングのテーマ曲としては、難しいとも思えるこの難曲を自分
の曲として滑りきった高橋選手の心の入った演技は満足以上のものがあった。そして
Louissのファンとして、このマイナーな存在であるLouissと彼の曲が、メジャーな場で
お披露目される機会ができたこと、まことにうれしい限りです。
まずは、高橋選手に感謝! そしておめでとう!

Blues for Klookの入ったCD "Sang Mele"の記事は → こちらから

未分類-9
Category: 未分類  

Blues for Klook / Eddy Louiss で滑る!

全日本フィギュアスケート選手権2011

先日、フィギュアスケートの高橋大輔選手が、今年のフリースケーティングのテーマ曲と
して、私が勝手に師匠と言っているフランスのオルガニスト、コンポーザー Eddy Louiss
の"Blues for Klook" を使っているということで、その曲が含まれているアルバム
"Sang Mele"(別頁あり) を記事としましたが、今年のラストを飾る大会「全日本フィギュ
アスケート選手権2011」にて高橋選手が出場しましたので、この特異とも言えるこの曲を
使って、いったいどんな滑り、表現をするのか、この今年最後となるその演技をスベらな
いで滑ってほしいとの期待を込めて。あらためてチェックしてみました。

私としては、一般的認知度も低く、すこぶるマイナーな存在であるEddy Louissとこの曲が、
こんなメジャーな場面で流れることも、めったに無い事でもあり、異例中の異例、極めて興
味津々な出来事なのです。

さて、ショートプログラムでは、冒頭の4回転ジャンプを成功させ、その勢いで、ほぼノーミ
ス演技でSPトップにつけた上々の初日でしたが、フリーの方はどうなったのでしょうか。
冒頭の4回転で転倒、やっちまった!その先の流れはこれでできてしまったしまった感があり
ます。ど素人の目には、曲と彼が遊離して密な一体感は、感じられなかったし、私としては、
何よりも3度の転倒のバックに流れるLouissの曲が哀しいものとなってしまいました。そんな
中、持ち前の表現力とSPでの貯金もあり、かろうじて優勝という結果にはなりましたが、私の
気持ちはどうもすっきりしません。彼の気持ちも同じでしょう。
文句無しの結果が出て、気持ち良いコメントで一年を締めたかったのですが、これでは、コメ
ントしようがありません。
後は、おそらくこの曲でのぞむであろうシーズン最後となる世界選手権の舞台で、ぜひLouiss
が喜ぶような演技を期待したい。最後はスベらんでキメてくれ、頼むよ!

未分類-8

Category: 未分類  

10,000アクセス

本日、やっとトータル10,000アクセスになりました。
ゆっくりした流れですが、日々進化し続けるJazzを追い、開拓し続けてきた日々、そんな
プロセスの自分のための覚え書きも兼ねてスタートしたこのプログも、内容が超がつくほど
マイナーなので、アクセス数が少ないのは、当然予測していたことではありましたが、それ
でも当初はアクセス2~3人/日というような開店休業と言っても良い状態がずっと続いてい
たことを考えると、この10,000というアクセス数は、途方も無く遠い数字と思えていまし
た。他ブログの方から見ると極めて小さなこの数字ですが、私にとりましては極めて大きな
節目のこの数字をとりあえず達成できたことは、励みになると同時に、この地味、マイナー
なブログをしっかり見て下さっている方がいたことに対し感謝の気持ちを強くするとともに、
当ブログの地味、マイナー路線というカラーは、しっかり維持しつつ、常に話題の中心とな
り華やかなスポットの当たるミュージシャンとは、ちょっとはずれたところにいる多くの
可能性ある才能にスポットを当て、一人でも多く読者の皆様の知る一助にでもなれば、この
ブログの存在価値もあろうかと考えております。
今まで出会ったことのない感性を追い求める傾向のある私は、それとともに私自身も変化し
続けてきたということもあり、この先もどういう展開になっていくのか全く読めません。
しかしながらブログタイトルにもあるように、"前向きな音創りの姿勢"を持つミュージシャ
ンを追い続けるという根っこのところにある姿勢は変わらないと思います。
これがもし無くなる時があるとすれば、Jazzそのものから離れる時なのでしょう。
ということで、マイナーなブログにおつきあい下さりありがとうございます。華の無いブロ
グではありますが、発見のあるブログになればと思っています。宜しくお願いいたします。


未分類-7

Category: 未分類  

楽天ブログのTB機能停止に思う

楽天ブログのTB機能がなくなるというような話は、それとなく耳に入っていたのですが、
私は、単純に今後楽天ブログではTB機能が使えなくなってしまうのか、という程度に思っ
ていたのですが、どうも過去のTBまで一切を削除されてしまうということを知り驚いてい
る。それもユーザーとの意見交換など話し合いも一切無く一方的にということになると、
驚きを通り越してあきれかえっている。

ブログにとってTB機能は、ブロガー同士がコミュニケーションをとる上で重要なツールで
あり、ブロガーにとっては、今後のことばかりでなく、現在まで蓄積されたTBは、単に
過去のものとして用済みというものではなく、未来に向かってずっと利用されていくとい
う、そのブロガーのみならず、そこに関わる多くのブロガーで形成されるコミュニティー
全員の言わば財産とも言うべきものであろう。長年に渡り多くのブロガーが苦労して築い
てきたつながり、そして今後もその蓄積されたTBによって広がっていくであろう輪を、
一方的に消し去ってしまうという行為が許されるのだろうか。
もし過去のTBは残し、今後のTB機能のみ停止するというのは、システムのしくみとして
難しいのであれば、蓄積された過去TBの重要度を考えれば、できないこととも思うのだ
が、ブログ利用者にとって、この部分は非常に重い部分でもあるのだ。
そしてこのTB機能停止については、送信機能は残し、あくまで受付機能でということらし
いが、受信機能を持たないブロガーからの送信TBを受けたブロガーは、返信TBもできない
一方通行では、コミュニケーションが成立たないだろうし、それに今回の処置は元々スパム
対策との説明をしているようですが、迷惑受付機能は停止しても迷惑送信機能は残すという
のも何とも考えていることがよくわからない。

今までブログの運営をしてきた楽天が、そんなブログの基本的とも言えるTB機能の重要さ
を知らぬはずもないと思うのだが、ブログ運営を開始するにあたり、いったい楽天はどう
いうポリシーを持って事にあたってきたのかとも思ってしまうのである。いや、こんな身
勝手で理不尽なことを平気でやってしまう会社に、そんなりっぱなポリシーなどあるはず
もなく、あるとすれば楽天市場に繋げるための売上げアップのための道具という程度の認
識しか頭になかったのではとも思えてしまうのだ。
自社の利潤追求しか頭にない会社が、結局は、ユーザー無視の反感を買う事を平気でやって
しまい、自社の大きなマイナスイメージを作ってしまう。なんとも間の抜けた話だ。

今回の件は、楽天ブログユーザーにとっては、居るに居られないということで、突然の強制
退去を命じられたようなものでしょう。当然のことながら、今まで長年ブログを利用してい
ただいた、やむなく引越をしなければならないお客さんに、せめて引越しに都合の良いツー
ルを用意して、お送りするというのが筋だと思うのだが、それも一切無いわけで、結局、全
て置いて出ていってくれと言っているようなものでしょう。何とも理不尽極まりない話であ
る。

こんな状況を見ていると、東北楽天イーグルスも所詮、名前を売るための道具としか考えて
いなかったのかなどとも思えてしまうのだが、野球に理解の無い会社の元で厳しい状況にあ
る被災地の方々の希望の星となりがんばっている選手達のことを考えると何か納得できない、
スッキリしないものも残るのだが、そう思われてもしょうがない状況だろう。
本体のトップは、こういった状況を理解しているのだろうか?

未分類-6
Category: 未分類  

節電

今日は、病院へ行ってきましたが、現在の電力事情もあり、計画停電実施中ではなかった
のですが、節電ということで病院の待合室も照明を落とし、ごらんの通りでした。
考えてみれば、人は電気を使い過ぎる生活にあまりにも慣れてしまい、こうしてちょっと
電気が思うように使えなくなると全てが混乱してしまいます。
電気を極力使わなくて済むようなしくみとともに、発電源として限りある資源に頼らず
自然エネルギーを利用した効率良い発電システムの開発も求められます。
メーカーさんは、効率良く利益の上がる商品ばかりを一番に考えるのではなく、世の中に
とってプラスになるモノという観点からの商品開発が求められます。自社にとってではな
く、世の中にとって良い仕事ができる会社ほど、儲かるという仕組みができれば、我れ先に
世のため人のためにという流れができ、世の中まちがいなく良くなるのだが..........う~む?




夜の時間帯に計画停電になると、バッテリー駆動の非常灯のみ、街もごらんの通り真っ暗。
皆さん、夜遊びは控え、まっすぐ早めにお家に帰りましょう!
teiden-2.jpg

未分類-5

Category: 未分類  

東北関東大震災 3

今回の地震発生から1週間が過ぎましたが、以前、膨大な数の行方不明となっている方の捜索
活動が続き、30万に近い過酷な環境の中での避難生活を強いられている人々がいます。
さらに原発という途方も無い大きな問題も抱えています。
しかし、そんな出口の見えないような厳しい状況の中にあっても、人々の悲しみ、絶望に満ち
た目も現状を打破するべく徐々に明日を見る活力が感じられる目になってきたと思えること、
何にも増してうれしくそして勇気づけられます。

我々戦後世代がかつて直面したことのないような今回の困難、しかしそういった負の要素が
大きいほどに、それに立ち向かう正の活力も大きく強くなるというのが自然の摂理というも
の。今回の困難もきっと乗り越えるでしょう。そう信じています。その時日本は、いままで
以上に強くなるでしょう。それが長期に渡り繰り返されてきた人類の歴史でもあるから。

希望の小さな、けれど強い光が見え始めた今、このブログも共に明日に向かって歩み始めよう
と思います。

このブログも、しばらく休んでしまいました。読者の皆様にはご迷惑おかけしましたことお
詫びいたします。
そして、この復興へと向かう流れに乗り遅れないようこのブログもそろそろ再開いたします。
よろしくおつきあいください。

未分類-4

Category: 未分類  

東北地方太平洋沖地震 2

地震から3日が経過し、なお大きな余震も予想され、かつ交通網、電気供給、食料調達な
ど生活に大きく関わる部分でまだまだ大きな問題が山積しているという状況で、不自由な
生活を強いられている方も多いかとお察しいたします。

前回記事で津波による大きな被害の出た地域において安否のわからなかった友人とは昨日
やっと連絡がとれ、無事であることが確認でき、まずは心配が一つクリアーされ、一安心
といったところですが、あらためて無事であったこと報告させていただきますとともに
皆様にご心配おかけしてしまい大変申し訳なく思っております。

そして、このブログについてですが、今回の地震で多くの被害に遭われた方々の、まさに
その生死をかけた戦いが続いているという大変過酷な状況の中、言わば道楽ともいえる部
分を扱ったこのブログ、それはそれで単なる遊びの世界ではない真剣なものがあるのです
が、私自身、心情的に通常通りの更新を続けるにしのびません、従ってとりあえず現在の
窮状を脱し被災された多くの方々が、明日に向かって歩み始めたと私自身が思えるまで、
通常記事の更新を休ませていただきます。

まずは今、一人でも多くの方が助かってほしいと祈るばかりです。

未分類-3

Category: 未分類  

東北地方太平洋沖地震

余震も続き落ち着かないという中、皆さんご無事でしたでしょうか。
こんな状況ですので、今日は通常記事はありません。

今回の地震では、かつて経験したことのない揺れを体験しました。周りの物全てが激しく
揺れ、物が落ち出し始め、近くの机の下に逃げ込むしかないという状況でした。壊れた
物はありましたが、幸いケガもなく無事だったこと何よりも感謝です。
ちょうど前回記事で、最も激しい地震のあった仙台のJazz喫茶を扱ったばかりだったので、
びっくりです。
そして、津波による大きな被害が出ており200~300の遺体があるらしいとされ、まだその
全容もわかっていない、仙台若林区、心配なことにここに友人が住んでおり、いまだに連絡
とれません。ちょっと心配です。K.I君無事なら連絡ください。

食料調達、電気.................等、しばらく不自由な生活も予想されますが、前向きに乗り切り
ましょう。
被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます

未分類-2
Category: 未分類  

Melodicaで遊ぶ!

ブログのお仲間 criss さんのところでリコーダーでJazzを演っている動画がUPされているのを
見て、いい刺激をもらいました。
リコーダーと同じく日本では、小学校の音楽教育用としてよく使われる鍵盤ハーモニカ (ピア
ニカ、メロディカは商品名) ですが、身近にある楽器として馴染みがありますねぇ。
子供の楽器などとバカにしてはいけません。これが結構我々にとってもいいおもちゃになるん
です。通常のハーモニカと同じく、薄い金属プレートを振動させて音を出す仕組みなので、音
そのものはハーモニカですが、機種によっては、ハーモニカのように空気漏れが少なく、吹き
込む息が効率良く使えるため、より力強い音も出せるので、アコーディオンのような音の表情
を付けることも可能です。


YouTubeにMelodicaで遊んでるおっちゃんの動画がありましたのでUPしておきます。
結構モーダルに攻めて、本人は楽しんでいるようです(笑)。




こちらは、OrganistのTony Monacoですが、さすがプロ、いい雰囲気出してます。




これは、我が愛器、SUZUKI PRO-37。気分が乗れば速いパッセージも飛び出します(笑)。
以前、山中千尋さんのライブで彼女がピアニカをプレイしたのを聴いたことがありますが
さすがの表現力にこの楽器の可能性も感じとることができました。

SUZUKI PRO-37

未分類-1

1
3
4
5
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 05