前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort byGallery

Category: Gallery > Photo  

201703-5

           

           以前、行った遠い地に再び行く機会があったのだが、用事を済ませ、同じように回り道をして散策などしていたら
           何か見覚えのある、まったりとくつろいでいるニ匹を発見。
           近づくと、何と、やっぱりあの時の二匹!しかも、あの時と同じポジション!
           ネコは、人間の7〜8倍早く年を取るとも言われているので、ネコからすれば、十数年ぶりの再会という感覚なのかもしれない。
           この遠い地で、ニ匹揃って無事元気な姿を見れたことは、何よりであった。

Gallery-photo-225

スポンサーサイト
Category: Gallery > Photo  

201703-4

                 

Gallery-photo-224

Category: Gallery > Photo  

201703-3

              

Gallery-photo-223

Category: Gallery > Photo  

201703-2

      

Gallery-photo-222

Category: Gallery > Photo  

201703-1

              

Gallery-photo-221

Category: Gallery > Photo  

201702-1

           

Gallery-photo-220

Category: Gallery > Photo  

201701-2

             

Gallery-photo-219

Category: Gallery > Photo  

201701-1

      

      よく使う散策エリアには、いくつかのネコスポットをおさえてあり、
      出会った時は、ちょっかいを出すなり、一応コミュニケーションをとってはいるのだが、
      この寒い時期、家の中でヌクヌクゴロゴロしてることも多いのか、外でネコに出会うことも、めっきり減っちまった。
      んで、久しぶりに出会ったヤツ。
      腹回りもちょっとダブついてるし...........少しは動いて、シェイプアップせんとあかんよ!

Gallery-photo-218

Category: Gallery > Photo  

201612-3

             

Gallery-photo-217

Category: Gallery > Photo  

201612-2

           

Gallery-photo-216

Category: Gallery > Photo  

201612-1

               

Gallery-photo-215

Category: Gallery > Photo  

201611-8

           

           去年の今頃の状況はどうだったかと、過去記事を見ていたら
           12月9日付の記事に、暖かくてまだコートも着ていないというようなことが書いてあった。
           それに比べ今年は、秋の中に、強引に冬が割り込んできた感じ。
           厳しい冬になりそうな気配.....................

Gallery-photo-214

Category: Gallery > etc  

君の名は。

     

監督:新海誠 2016東宝

話題作、大作、人気作といった類いのものには、足が向かないことも多いのだが、イラストやその画像処理などに興味があったこともあり、
見てきた。
ツッコミを入れたいところは、もちろんあったのだが、細かいところは、ともかくとしてトータルに見れば、今の時代を舞台として瑞々しく
描かれたファンタジックな世界は、中だるみもなく、107分一気に楽しませてくれるものがあった。

画像のきれいさは、清々しいものがあった。生き生きとした東京の街、自然豊かな飛騨の風景、清流の澄んだ水面を流れる真っ赤なもみじの葉
............などなど、リアリティあるイラストが、嘘の世界の中の現実への感情移入を容易にしていた。この辺は、時代設定が今であること、
そしてその今を生きるそれぞれのキャラクターが瑞々しく描かれていたことが大きい。
ただ、そういった主に背景に当たる部分のリアル感とそこに配置される点景の描写のクォリティに差があり、全体として整合性という点で
馴染みの悪さから全体のクォリティを落としていると感じる部分も多々あったのはちょっと興ざめ部分として惜しい。

しかし、十分に満足できるできる内容であったこと、そして実写とは比べ物にならないほどの表現の自由度を持ったこの手法に、大きな
可能性を感じられたことが、何よりの収穫だった。
近い将来、革命的なアニメ作家の出現で、この世界も大きく変わるのかもしれない。

     YourName-02.jpg

Gallery-etc-12

Category: Gallery > Photo  

201611-7

              

              地方都市に行く機会も度々あるのだが
              商店街も概ね、こんな感じのところが多い。
              昔は賑わっていたんだろうけど、シャッターが下りているところも多く、
              活気が無く、まるで死の街。こっちに一人歩いて来るおっちゃんも何だかゾンビに見えてしまう。
              こういった商店街も、駅からは、至近距離にある場合も多く、何かもったいないことだね。
              大型商業施設開業、客のニーズの変化、車の利用.......などなど、理由はいろいろあるのだろうけど..........

Gallery-photo-213


Category: Gallery > Photo  

201611-6

               

Gallery-photo-212

1
3
4
5
7
8
9
11
12
14
17
19
20
21
22
24
26
27
28
29
30
31
> < 03