前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Sort byはじめに

Category: はじめに  

Gary Thomas / Exile’s Gate

ExileャsGate  1, 4, 7) Gary Thomas (ts) Charles Covington (org) Paul Bollenback(g) Jack Dejohnette(ds)
  2, 3, 5, 6) Gary Thomas(ts) Tim Murphy(org) Marvin Sewell(g) Ed Howard(ab)
        Terri Lyne Carrington(ds) Steve Moss(pec-6)

  Recorded at Power Station, NYC May 19 - 23, 1993
  JMT 314 514 009-2 (1993)

  1. Exile’s Gate
  2. Like Someone in Love
  3. Kulture Bandits
  4. Blues on the Corner
                     5. Night and Day
                     6. No Mercy Rule
                     7. Brilliant Madness         All compositions by Gary Thomas except 2, 4, 5

前世紀末ぐらいに何度か聴いて以来だから、長いことご無沙汰していたが、ちょっとしたきっかけもあり、久しぶりに聴いてみたので記事としておきます。
オルガンの2人をターゲットとしてのゲットだった。
Thomas のオリジナルが4曲、そして2種のユニットで、それぞれが3曲と4曲というつくりになっている。

オルガンを大胆に絡めたサウンドは、今聴いてもなかなか楽しめる。当時、大きく巾を利かせていたコテコテ系のオルガンではないのがミソだが、そのあたり
のチョイスは、Thomasのセンスでもあり、当時としては先進感もあるサウンドだった。
CDなどでは、ほとんど露出のないこの2人のオルガンで、特に近年の Covington(B1941) は、伝統も感じさせる極オーソドックスなオルガニストといった
イメージしか湧いてこないのだが、ここでの彼ら2人のオルガンから繰り出されるフレーズは、当時としては、オルガンという分野においては、なかなか新しい
感覚によるものであり、時代としては、現在のコンテンポラリー系オルガンの中心となっている Larry Goldings, Sam Yahel, Gary Versace...............と
いったオルガニストよりちょっと前の時期でもあり、同時期に同じように新しい感覚を持ったオルガニストとしては、Jeff Palmer やら Dan Wall など
Abercrombie絡みのオルガニストが思い出される。ただ Palmer や Wall にしても、その後大きな成果を残すことなく、シーンからフェイドアウトしていった
感もあるのだが、Larry Young が残したものを現在のコンテンボラリー系オルガンにつないだという点で、貴重な存在だったとも思える。
本作の2人は、この Palmer や Wall に比べるとその後のCDなどメジャーシーンへの露出は、極端に少なく、おそらくスタジオミュージシャン的な活動が
中心となっていたものと想像する。近年の伝統芸に染まったCovingtonも知ってはいたが、あらためて本作を聴き、当時としては、先進感もある感性を振り
まいていたオルガニストが、その後ほとんど露出が少なくなってしまうというのは、ただでさえ人材不足のオルガンという分野では、数少ない感性だけに、
非常に残念に思えてならない。当時のオルガンの状況を考えれば、周囲の固定されてしまっていたイメージもあり、求められるのは黒いものということで、
そこから外れた感性のオルガンには、需要が極端に少なかったという寂しい状況も関係しているのだろう。
他楽器と比べ圧倒的に絶対数が少なく人材不足も重なり、あまりにも Jimmy Smith の影響が長きに渡り続いてしまったことが、進化を送らせ、その他の
楽器、特殊分野といった位置づけとしてしまった一つの要因でもあるのだが、その流れを変えるのは、やはり革命家の出現、そこにつきるだろう。

当時のM-Baseムーブメントの立役者の一人 Thomas のアグレッシブなブロウは、スタンダードもなかなか過激に料理しており、アルバムとしても活気に
溢れた一枚に仕上げている。Dejohnette のアタックの強いドラミング、そしてファンク調ナンバーにおける Terri Lyne Carrington の粘るように糸をひく
ドラミングが印象的。

JAZZ-Sax 79
Gary Thomas

スポンサーサイト
Category: はじめに  

はじめに

長年、ひたすら前を見ながら関わってきたJazzを中心とした音楽。
この辺で、自分の中の音楽を整理する意味も兼ね、しばし後ろを振り返ってこれまで
出会ったちょっと気になる音楽やらMusicianなど、思い起こしながら己の道楽の軌跡を
見るのも.......。などと思ったのがこのブログの始まりであろうか。

が、自分はプロのJazz評論家でもないし、それが目的でもない。あくまで過去の出会いを
ここで一旦、自分の中で整理、評価することにより明日につなげたいという魂胆からなのだ。

私の音楽道楽の歴史は、出会ったことのない更なる美を追い求め続けての歴史であると言って
もいい。未知の感性との出会いは、自分の感性の進化のきっかけともなる。私が未知の美を
求め、ひたすら未知のMusicianとの出会いを求めてきたのも新しい美との出会いにより、
自分の中の美の基準に変化をもたらし、進化のきっかけとしたいとの思いからとも言える。
新しい美との出会い、それはすなわち、より楽しみが広がるということである。
道楽として、そこにこだわるのは至極当然のこととも言える。

また、私は今現在自分をとりあえずJazzファンとはしているものの、それ以外の音楽に関心が
ないわけではない。
そもそも音楽のジャンルやらスタイルなど、私にとっては、あまり意味の無いことであり、
こだわりも無い。そこにこだわってしまうと未知の音楽に出会える可能性を著しく狭め、
己の感性の進化にも歯止めをかける結果になってしまうとも思っている。たまたま私の好きな
音が、結果的に、世間一般で言うところのJazzというジャンルに多かったということで理解
している。

Jazzは、所詮道楽、自分の好きな音を好きなように聴けばイイ。聴くのは自分の耳、世間の
評判など一切関係なく、自分が好きか、嫌いか、そこにはとことんこだわりたいと思って
いる。
ひたすら己を楽しませるものを求めてこその道楽である。

とまあ、ちゃんとした青写真もなしの出たとこ勝負というまことに甘い考えではありますが、
とにかく清くJazz一本で、無謀にも見切り発車してみようと思います。(不安いっぱい!)

TOP-はじめに

1
2
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
> < 02