FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Gallery > Photo  

201912-2

          

          定点観測地点

Gallery - photo - 242

スポンサーサイト



Category: Gallery > Photo  

201912-1

                 

Gallery - photo - 241

Category: Gallery > Photo  

201911-5

        

Gallery - photo - 240

Category: Gallery > Photo  

201911-4

               

               定点観測地点

Gallery - photo - 239

Category: Gallery > Photo  

201911-3

        

Gallery - photo - 238

Category: Gallery > Photo  

201911-2

               

               191102-2.jpg

Gallery - photo - 237


Category: Gallery > Photo  

201911-1



散策中に出会ったモノ (屋外照明器具)

頑丈なダイキャストのボディに刻まれた放熱フィンのパターンやら、ほのかに漂うミリタリーテイストの塗装色、
何かこんな雰囲気、ちょっと惹かれるものがあるね (#^.^#)
別に軍事オタクというわけでもないんだけど……………( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンww

191101-2.jpg

Gallery - photo - 236

Category: sax (第2期)  

JD Allen / Love Stone

  JD Allen (ts)
  Liberty Ellman (g)
  Gregg August (b)
  Rudy Royston (ds)

  Recorded at Systems Two Recording Studio, Brooklyn, NY on January 9, 2018
  SCD2169 (SAVANT) 2018

  1. Stranger in Paradise
  2. Until the Real Thing Cimes Along
  3. Why was I Born
  4. You’re My Thrill
  5. Come All Ye Fair and Tender Ladies
  6. Put On a Happy Face
  7. Prisoner of Love
  8. Someday (You’ll Want Me to Want You)
                             9. Gone with the Wind

長年続く JD Allen のトリオにギターの Liberty Ellman が加わっての “Radio Flyer(2017)” に続く第2弾。

その前作では、コンテンポラリー系のサックス奏者ながらも偉大な先人 Coltrane やら Rollins の影を残すAllenのトリオに、ややフリー寄りの
エリアでの活動も多い彼らとは異質の感性の Ellman のギターが混入したことにより、この長年続く Allenトリオの音楽にも何か変化が生まれる
のかと期待してもいたのだが、結果、音楽としては満足できるハイレベルのものになってはいたのだが、Ellmanサイドから見れば、Allen に合わせる
形に終始してしまい、前寄りの異質の感性を持つ Ellman を自身のトリオに取り込んでの Allen の新作としては、そこに大きな意味が見出せない
とも思えたものだったのだが、その前作のやや不満に感じていた部分が、本作ではどうなっているのか、大きな関心を持って手を出した一作でもあった。

内容的には、オリジナル無しのスタンダード他、そして曲目などからも、なんとなく推測できるようにバラード集といったものになっている。
Allen のブロウには、Coltrane や遅れ気味に音を置いていくといった部分では D.Gordon なども頭に浮かぶのだが、ここでの Ballad には、
何よりも Rollins の影を強く感じてしまう。
これは、Ballad集ということもありこの傾向が強くなったのか、はたまたこれをやりたいがために Ballad集としたのか、Allen の頭の中までは読めない
のだが、元々そういった伝統のスタイルも根っこのところに潜ませているといったところはあったものの、いつものコンポラ系サックス奏者としての
語法まで変えてしまっていると思えるような語り口には、次作や今後の展開を見てみないと何とも判断に迷うところでもあるのだが、Liberty Ellman
という言わば先を行く感性を巻き込んでの作としては、私的には、納得できないものがある。鋭角的感性を持つ Ellman の魅力は、消されてしまって
いるし、前作では、わずかに感じていた不満な部分だったが、音楽は前作以上に後退したものとも感じられ不満部分も大きく広がってしまっている。
Ellman という今まで自身のトリオにはなかった感性を利用して、新しい何かを引き出すきっかけにでもなればというような前向きな考えがあれば
と期待もしていたのだが、音楽を聴く限り、どうもそんなコンセプトは全く無く、確信犯的にこれをやってる感じだ。こういった展開でも、巧みにバック
をとる Ellman に出会えたことは、発見でもあり、それはそれで嬉しいことではあるのだが、アルバム名義人である Allen サイドに立って見るならば、
Ellman という核爆発を起こすかも知れない程の危険な触媒を取り込んでのこの結果には疑問が残る。
Allen や Ellman を初体験という人が、もしこれを聴いたなら、非常にハイレベルの音楽と感じるかもしれない、私的にも余計なことを考えず無になって
聴くならば、やはりそう感じるだろう。でも、ミュージシャンはそれぞれに、それまで生きてきた背景があり、そこからそれぞれに考え方やら進むべき方向性
みたいなものを持っているものだ。そこを思った時に、どうも素直に楽しめないものが残るのは、自分だけなのだろうか?
Allen にとっては、一時の遊びなのかもしれないが、厳しさの無い遊びは、所詮アソビでしかない、そんな印象も持ってしまう Allen の新作だ。

JAZZ-sax 94
JD Allen
Category: organ (第2期)  

Clover Trio / Harvest

  Damien Argentieri (organ)
  Benoist Raffin (ds)
  Sebastien Lanson (g)

  01. Isle of Mulobo Berry
  02. Isn’t She Lovely
  03. Softly as in a Morning Sunrise
  04. Played Twice
  05. Imagine
  06. Lamiremi
  07. Gaby’s
  08. Blues for Jim
  09. Joe
  10.Taxi
  11. Prayer to the Unfamiliar

Recorded on 15/04/2017 at Studio Mesa GNP001 (Green Nose Productions) 2018

すっかりご無沙汰しちまったが、いろいろと忙しさもあり、ちょっとの間だけブログ更新を控えるつもりでいたら、その怠けることの心地良さに引きずら
れ、気がついたら季節は冬から、すっかり夏になっちまった。この間、ライフスタイルは「記事とするために聴く」というパターンがなくなり「好きな時に
好きなように聴く」というスタイルが定着してきたこと。これが「心地良さ」の元になっているのでは、ないだろうか。 てな、わけで、しばらくはこの自然な
流れで行ってみよう。結果、また気が変われば、それはその時、それも自然の流れということで..................。

さて、久しぶりの記事だが、当ブログでは “Unitrio/Page1” ”Unitrio/Page2” や “Laurent Cohen Trio/En Retard” で記事歴もある、今の
感性を備えた正統派のオルガニストとして評価もしていたフランスの Damien Argentieri(ダミアン・アルジェンチェリ?)である。
露出も少なく、なかなか新作にも巡り会うこともできないという状態も続いていたのだが、久しぶりに “Clover Trio” 名義でのファーストアルバムが
リリースされていたので手を出してみた。
おなじみの曲を含めてメンバーが、それぞれ2~3曲ずつ持ち寄ったという内容になっている。

Clover Trio名義とはなっているのだが、一聴してみれば organ の露出も高く、また曲の展開等も含めて、実質的には、organの D. Argentieriが
仕切っている感もある。
Argentieri のオルガンは、先の過去作で感じていたように、コンポラオルガンシーンの流れの中で、決してその先端部分で尖ったものをちらつかせる
というタイプではないのだが、現在のシーンのメインストリームを行く感性として、一昔前にオルガンのイメージを支配し、先に進めない大きなネックに
もなっていたオルガン特有の決めつけられた、固定されたイメージから脱却し、今世紀にふさわしい新鮮な空気感があることがうれしい。
私的には、自分が通ってきた道でもあるので「黒さ」を嫌いなわけではないし、そこを否定するわけでもないのだが、そこに固執してしまい、それが無け
ればオルガンではないというような感性は、ゴメンだ。一ヶ所にとどまれば、その先の広がりは、期待できなくなってしまうこともあり、自分の感性も時
の流れの中で取捨選択を繰り返し現在に至っている。
そういう意味で、今現在の自分がオルガンに求めるもの、漠然としたものだが、Argentier のオルガンは、その枠の中にしっかりと収まったものなのだ。
Argentieri のオルガンは、クールで知的、やはりその辺の質感が魅力となっており、今現在を生きるオルガニストとしてコンポラ系の本道を行く感性
の質を持っている。ただし、米国系オルガニストと微妙に違うテイストを印象に持つのは、やはり出自の違い、欧州出身というあたりなのだろうか。そこ
が彼のオルガンの魅力にもなっており、シーン全体の中で独自性にも繋がっているのだろう。

オルガン・ギタートリオという編成、しかも国内ではその知名度の低さも半端ないといった面々ということもあり、国内で何枚売れたのかといったアル
バムなのかもしれないが、特に米国コンテンポラリー系オルガニストの活動が著しく鈍っているという状況もある中、欧州の今の感性を備えたオルガ
ニストの音に触れることができたのは、自分にとっては、何より。現在進行形、まさに今の空気感を放出する正統派のJazz Organ Trioとして評価で
きる。そして、仮に、もう少し前寄りの感性の質を持つギターを共演者としたならば、Argentieriのオルガンも、その化学反応から何かを生み出す余地
を残すと感じられたことが何よりの収穫だったと言えるのかな。
自分の中では、この未来に向かって変化の余地、可能性が感じられることは、音楽を聴く上での楽しみの要素として、大きなウェイトを占めているの
かもしれない。先の広がり、可能性が感じられないものは、先の楽しみという広がりも薄れてしまう。

          
          極オーソドックスな4ビートのブルースだけど、流れているのは今の空気、微妙なその辺かな!

JAZZ-organ 192


Category: 未分類  

   ?






                    


未分類 - 13
1
2
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 12