前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: sax (第2期)  

David Murray / Lovers

MurrayLovers.jpg  David Murray (ts)
  Dave Burrell (p)
  Fred Hopkins (b)
  Ralph Peterson Jr. (ds)

  Recorded in January, 1988
  DIW-814

  1. Teardrops for Jimmy (Dedicated to Jimmy Garrison)
  2. Lovers
  3. In a Sentimental Mood
  4. Ming
  5. Water Colors
                        6. Nalungo (For Nalungo Mwanga)

Tenor Sax 全般とはまた別に、Tenor Sax による Ballad には、なぜか特に心惹かれるものもあり、よく聴いていた時期があったのだが、今年に入り、
その辺のやつを、ちょっと引っぱり出しては聴いていたら、歯止めが利かなくなっちまい、以後時々お世話になっている。
ここ何年かは、どちらかというと無機質、冷徹..........と厳しいテイストのものを好んで聴いていた傾向が続いており、まあ、それも別に嫌いになった
わけでもなく、そういったテイストのものとは真逆のものも多いという Tenor Sax Ballads は、しばらく離れていたこともあり、新鮮かつ心地良く聴け
たといったことで、定期的に聴くということが、しばらく続いている。
今、自分の感性が、それを心地良く感じ、求め、楽しめているわけだから、それを拒む理由は何もない。普段とは、方向性の違ったものに接するのも、
感性のバランスを保つためにも、良いことだろう。

ということで、本日の一枚は、久しぶりの David Murray(B1955)の Ballad集 “Lovers”。

David Murray というと幅広いスタイルに対応できる柔軟性とそれを支える技術面でもハイレベルのものを備えたサックス奏者と私的には受けと止め
てはいるのだが、我が国では、その高い能力に見合った評価は受けていないとの印象も持っている。
それは、何でもできてしまうという彼の器用さ、万能性みたいなものが、もしかしたら掴みどころの無いといった印象、あるいはファンを分散させて
しまうといったことにもつながっているのかもしれないが、技巧面に優れ、何でもできるということそれ自体は優れた能力でもあり、私的には、
高評価のサックス奏者の一人でもある。
そんな多様、多面性も感じさせる Murray だが、表面上の形はいろいろ見せつつも、その根っこのところに常に感じるのは、彼のルーツでもある黒人
としての「血」の部分。伝統のスタイルから新しいスタイルまでカバーするワイドレンジの そういったスタイルは、別として「血」あるいはそこから
生まれた彼らの音楽の「伝統」といったものが一貫して感じられ、そのあたりは Archie Shepp にも通じるところとも感じている。

本作は、同時期に同じ当時のメンバーで録音された、「Lovers」 「Deep River」 「Tenors」 「Spirituals」 「Ballads」 といった言わば5部作中の
一枚で、Ballad を中心に選曲されたもの。
本作の Ballad にも、白人系テナー奏者には出し得ない、明らかに黒人としての血の部分を色濃く感じさせるものが底辺に絶えず流れており、そういった
強い個性の部分は、一方ではアクの強さといった負の要素として受け取られる場合もあり、広い層に受け入れられない要因ともなっているのかもしれない。
こうして、あらためて Murray をチェックしてみると、感性の質は違えど Shepp と共通するところが結構あることに気づく。また根っこのところにある
「血」の部分とともに Albert Ayler などの顔も浮かんでくるのだが、この辺もいずれ他作などでチェックしてみたい。
Ballad でありながらも、決してリラックスや癒しと言ったものではなく、エモーショナルではあるが、それに流されない醒めた目を持つその厳しい Ballad
表現の中にイージーに走ることのないMurray の音づくりの姿勢とともにその美学が見て取れる気がする。

             
             

JAZZ-sax 85
David Murray

スポンサーサイト
Category: Gallery > Photo  

201703-5

           

           以前、行った遠い地に再び行く機会があったのだが、用事を済ませ、同じように回り道をして散策などしていたら
           何か見覚えのある、まったりとくつろいでいるニ匹を発見。
           近づくと、何と、やっぱりあの時の二匹!しかも、あの時と同じポジション!
           ネコは、人間の7〜8倍早く年を取るとも言われているので、ネコからすれば、十数年ぶりの再会という感覚なのかもしれない。
           この遠い地で、ニ匹揃って無事元気な姿を見れたことは、何よりであった。

Gallery-photo-225

Category: sax (第2期)  

Jon Irabagon John Hegre & Nils Are Drønen / Axis



  Jon Irabagon (sax)
  Jon Hegre (g)
  Nils Are Drønen (ds)

  Recorded at N.K. Berlin 11th June 2013 and at New Combo Fukuoka 14th January 2015
  RAC2190 (Rune Grammofon) 2017

  1. Berlin
  2. Fukuoka


2008年モンク・コンペのウィナーでもあるフィリピン系米国人 Jon Irabagon(B1978) の新作。といっても録音は、2013年のベルリンそして2015年
の福岡でのライブという内容になっている。
Irabagonを初めて知ったのは、彼の初期作 “Forty Fort” なるアルバムのジャケットだったのだが、これが自分のJazz歴では、初期の頃の大のお気に
入り盤だった“Roy Haynes / Out of The Afternoon” のジャケットを模したものだったこともあり強い印象として残る結果となり、他にも調べて
みたら御大 Rollins の “Way Out West” のジャケットをビキニのおネエちゃんを入れて、おふざけでつくったようなものなどもあり、Irabagon の
初期印象として、自分の中では、すっかり際物的イメージがつくられてしまったのは、まずい出会いだったとも言える。

ストレートアヘッドからフリー、そしてその中間的なエリアなど幅広いところでの活動もしてきた Irabagon だが、それは元来持っている多様・多面性
の結果なのか、あるいは自身進むべき方向模索の結果なのか、自分でも彼の全てを聴いてきたわけでもなく、掴めないところだが、漠然と陰と陽の顔を
持ったミュージシャンとの印象も持っている。
そんな Irabagon だが、本作は、フリーインプロビゼーションというスタイルをとりながら、陰の面が色濃くあらわれた一作。
本作と似た編成では、いずれもギターの Jostein Gulbrandsen 絡みで、ベース入りクァルテット編成の参加作、コンポラテイストのものは聴いているのだ
が、ベースレス、ギター入りトリオという編成では、初めてのリリースになるんじゃないだろうか?これも本作の、フリーな展開を求めた結果なのだろう。
ノイズ系ギターの使い手とも言われる Jon Hegre(B1967)は今回聴くのは初めて、そしてドラムスの Nils Are Drønen は、Hegre とはユニットを組む
など周知の仲らしい。
1曲18分前後といったものが2曲、Irabagon のサックスが起点となり、それに Hegre, Drønenが反応していくといったフリーな展開が多いのだが、
どちらかというとノイズ系ギターを苦手としている自分としては、フリーな作としてまずまずとする一方、3者のあり方を見直せば、もっと何かが生まれ
たかもといった印象もあり、トータルに見て、さらによくなる余地を残す作として、満足の内容というわけにはいかなかった。
ただ、Irabagon のプレイには、いずれ何かヤラかすんじゃないかといった得体の知れない大きなポテンシャルを感じることができたという点で、そこに
出会う機会を得たことは何よりの収穫だった。

全くの自分勝手な見方だが、これは彼にとって、言わば開発・試作の場といった位置づけのもの、ここで得た成果を彼が求める方向性での表現に生かし
たいと考えるのが自然。これほどの才能、これとは別に多くの人にインパクトを与えられる形でその表現の場をぜひ設けてもらいたいという思いである。
Jon Hegre のギターは、ここではノイジーというより空間系を感じさせるプレイが目につくが、Drønen のドラムスとともに、あくまで起点となっている
のは Irabagon であり、それに反応していくといったプレイからもう一歩踏み出して、対等に関わっていく形がとれれば、その刺激により Irabagonから、
さらなるものも引き出せたかもといった思いもある。私的好みで言わせてもらえば、どフリーではなく。ある程度の秩序を持たせた中での自由度という
ことで、メインストリームとフリーの中間エリアでのシゴトにいいイメージができ、Irabagon の感性は、そのあたりにフィットするとも思えるのだが......、
共演者を含めた活動フィールドによっては、爆発の予感もさせる才能だ。


Jon Irabagon Organ Trio
Jon Irabagon(sax) Pat Bianchi(org) Rudy Rotston(ds)

Irabagonが、オルガンにPat Bianchiを迎えたトリオだが、
以前は、追った時期もあったBianchi は、近年の自身作、参加作では、コンテンポラリー系オルガニストとして、すっかり輝きを失ってしまった感もあった
のだが、Jon Irabagon そして Rudy Royston という感性(触媒)の効果か、全く質の違うオルガンを見せていいる。
当ブログでも Bianchi には、自身をステップアップさせるためにも、自身の先を行く感性との共演を積極的に求めていってほしいと度々書いてきたのだが、
コンポラ系オルガニストとして、新しい道を切り開いていく気があるならば、険しい道を選択していく覚悟が必要だ

            

            

JAZZ-sax 84
Jon Irabagon

Category: Gallery > Photo  

201703-4

                 

Gallery-photo-224

Category: Gallery > Photo  

201703-3

              

Gallery-photo-223

Category: Gallery > Photo  

201703-2

      

Gallery-photo-222

Category: sax (第2期)  

Maybe September (from ”Day Dream”) / Harry Allen

  Harry Allen (ts)
  Tommy Flanagan (p)
  Peter Washington (b)
  Lewis Nash (ds)

  Recorded September 14 & 17, 1998
  BVCJ31004 (NOVUS J) 1998

  01. A Sleepin’ Bee
  02. Maybe September
  03. I’m Checking Out, Goodbye
  04. A Child is Born
                      05. Shibuya After Dark
                      06. The Midnight Sun Will Never Sets
                      07. Three and One
                      08. Day Dream
                      09. Low Life
                      10. They Say It’s Spring
                      11. The Christmas Song

普段の記事内容から、あまりイメージできないかもしれない、この Harry Allen だが、元々雑食性で節操がないという自分であり、あるジャンルにこだわ
って、出会いの可能性を狭めたくはないという気持ちでいる。Jazzファンであるよりも音楽ファンでありたいというのがスタンスである。
Jazzにおける“Tenor Ballads” は、材料となる曲を、奏者がTenor一本で、いかに料理するかというシンプルな世界。あまり新旧のスタイルにこだわると、
おいしい部分を逃してしまうといったこともあり、奏者の音楽的方向性も広くカバーしている。

また、Ballad集は別として、通常のアルバムでも、なかなか納得のBalladに出会えることが多いわけでもなく、それでも出会えればいい方で、せいぜいあっ
ても1〜2曲というところだろう。本作も、ほとんど Ballad “Maybe September”の1曲聴きアルバムになっていた。それでも満足のアルバムである。
アルバムトータルを平均点で計るような見方、評価はしない。私的には、最高到達点こそが問題であり、そこでアルバムの評価、つき合っていいけるアルバ
ムかが決まる。たとえ、1曲でも高いレベルで評価でき、好きと感じられるものがあれば、それが評価であり、常に平均点でプレイする奏者より、バラつき
はあっても、時に平均を遥かに越えられる奏者に魅力を感じるし、やはりそこが能力であり評価の基準として考えたい。道楽でつき合っているので、それで
よいと思っている。

良い Ballad の条件として、曲自体に魅力が無いと、なかなか魅力の Ballad にはならない。曲と奏者の感性、技量などの条件が高いレベルでかみ合って
こそ魅力の Ballad が生まれる。本曲は Percy Faith の作曲によるもので、その辺にも恵まれ Harry Allen のデリカシーに富んだ歌心が加わり魅力の
Tenor Ballad としている。
ビターテイストもいいが、Balladだし、甘さに徹した繊細な表現にも納得。正解などない世界、これもありだ。
(動画は、本アルバムのものとは、別です。)

            

JAZZ-sax 83
Harry Allen

Category: Gallery > Photo  

201703-1

              

Gallery-photo-221

Category: guitar (第2期)  

Luigi Masciari / The G-Session

  Luigi Masciari (g)
  Aaron Parks (Rhodes, p)
  Roberto Giaquinto (ds)
  Oona Rea (voice-6)

  Recorded 7/12/2015 at Studio G-Brooklyn U.S.A.
  TSK018 (TOSKY) 2016

  1. Mr. Jay
  2. Vox
  3. Seven Dollars
  4. Music Man
                      5. Boogie Blue
                      6. Echoes
                      7. Don’t Touch My Chords

プロ10年程のキャリアのあるイタリアのギタリスト Luigi Masciari は、これまで機会に恵まれず、聴いたことはなかったのだが、彼の最新盤にて、
Aaron Parks が、珍しくFender Rhodesで参加との情報もあり、そのあたりのチェックも兼ねて、ちょうど良い機会、手を出してみた。
本作情報は、だいぶ前から得ていたのだが、CDでの早期入手はしずらいという状況もあり、DL買いで試してみた。

内容は、メンバーとの共作1曲(M6)を除いて、全てMasciariのオリジナル、そのvoiceの絡む共作曲を除いて、基本はトリオによる非4ビート主体の
コンテンポラリーテイストのものとなっている。

NYコンテンポラリーシーンの多くのトップレベルのギタリストとの共演もこなしてきている Aaron Parks を迎えての作ということで、それなりの
期待もあったのだが、一聴してみれば、内容的には、可もなし不可もなしといったちょっと微妙な初期印象。
こういったものだと良くも悪くもなく、ひっかかるところが無いので、そのまま通り過ぎていってしまうような内容には、それが素直な感想であり、
書く材料が見つからないということで、記事として取り上げるのは、避けることも多いのだが、先に基本データなど、書き込んでしまっていたこと
もあり、まあ、このまま一応書きとめておきます。

そんな初期印象だったのも、やはりちょっとは、期待もしていた Masciari のギターにあるのか? 決してヘタでマズいギターではない。かといって
特別にハイテクタイプでもなく、速いフレーズなどでは、ほんとに微妙なところだが、ひっかかりを感じるところもあり、スッキリとさせてくれない
など、ハイテクぞろいの今の時代にあって、技術面では、極平均レベルとの印象。そこは、あくまで技術面なのでそれでもいい。肝心なのは、感性面
だが、ここでも、自分の好みに合わず、特に嫌うといったところも無いのだが、結局そのあたりの、はっきりしないところが、前述の「可もなし不可
もなし」といった印象につながったようだ。ちょっとでもいいので、ハッとするような際立った部分でもあれば、だいぶ印象も変わるのだが...........。
エフェクト多用、浮遊感ある表現..........など、感性としては、典型的コンテンポラリー系と言えるタイプで、曲とともにフレージングなど、受け手の
感性によっては、逆に受け取ることもあるだろうといった極微妙なところだが、私的には、わずかに平凡な感じもあり、どこか既聴感あるフレーズが
続くところが、このギタリストのイメージを決めてしまったようだ。

ベースレス編成で、そこを Rhodes やバスドラでカバーするといった考えもあったと思うが、重低音でラインも刻むオルガンなどと違って、ボトム
の軽さもあるなど、その辺、サウンド面での物足りなさに、十分機能してないとの印象も...........

Rhodesを使う Parks にも関心はあったのだが、何だか普通の人になってしまっている。これも、いまいちテンションの上がらない原因だ。
好意的に解釈すれば、自身の際立った部分を引き出すのも、相手しだいという部分も多分にあるというのがこの世界、良い化学反応に向かうため
の触媒が機能しなかったということなのかもしれない。

自分の感性の反応に素直に従えば、やっぱり「可もなし不可もなし」、全てが微妙とか、わずかにといった曖昧なことばになってしまい、突出したと
ころが見つけ出せない。良くも悪くもないということで、その曖昧さにやはり星3つか。

Jazz-guitar 178
Luigi Masciari

Category: oldies  

Violets for Your Furs (from “Coltrane”) / John Coltrane

  John Coltrane (ts)
  Johnnie Splawn (tp 1,4-6)
  Sahib Shihab (bs 1,4,6)
  Red Garland (p 1-3)
  Mal Waldron (p 4-6)
  Paul Chambers (b)
  Albert “Tootie” Heath (ds)

  Recorded by Rudy Van Gelder at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, May 31, 1957
  (Prestige)

  1. Bakai
                      2. Violets for Your Furs
                      3. Time Was
                      4. Straight Street
                      5. While My Lady Sleeps
                      6. Chronic Blues

John Coltrane(B1926)初めてのリーダー作、私的には、初めて買ったColrane盤は、 “Soultrane” だったので、これが確か、手にした2作目
のColtrane盤だったと記憶している。
“Soultrane”にも “I Want to Talk about You” というお気に入りのBallad が入っていたのだが、本作には、さらに心惹かれるBallad
“Violets for Your Furs” が入っており、これらは初期 Coltrane を代表するBalladとして私的お気に入りになっていた。
この頃のColtrneのBalladには、あの後のImpulseでの名作”Ballads”につながっていく形が既にできており、飾りを排したシンプルで、どこか
真っすぐ前を見据えたようなピュアさは、初リーダー作だけに、Impulse盤以上に感じられるようにも思う。

後に、この “Violets for Your Furs” については、Zoot Sims(B1925)バージョンでも、出会うことになるのだが、「どシブ」とでも言いたくなる
ようなそのテイストには、完全にヤラれてしまった。
Zootの醸し出すテイストは、Coltrane とは真逆のもの。Traneの余分なものを排した混じりっけなしのピュアに対して、いろいろな不純物が付着
して、それがいい味わいとなっており、わずかにハードボイルド感も漂うというものだが、当時、30をわずかに過ぎたほどのテナーとしては、その
早熟な表現力に、驚かされる。
ほぼ同世代のテナー奏者が同時代に、Matt Dennis の手によるこの同じ曲から、それぞれの全く違った美の形を引き出すという Tenor Saxに
よるBalladに魅力を感じ始めたのもこの頃だったのかもしれない。

            

JAZZ-oldies 19
John Coltrane

1
3
4
5
7
8
9
11
12
14
17
19
20
21
22
24
26
27
28
29
30
31
> < 03